月の土地の値段はいくらなの?

私たちが住むには現実味がない月の土地の値段ですが、3000円で1000坪が2013年6月の相場です。
つまり、1坪3円と破格に見えます。

3円といえばホームレスでも土地が購入できて、3000円なら小学生のお小遣い程度の値段でで月の土地が買えてしまいます。
※実際には1000坪(3000円程度)の単位からでなければ購入できません。

何故そんなに安いのか?ですが月に行く事や住むことが普通に考えてできないからです。

もちろん、この先に月から資源が採取できるようになると土地の相場は変わると思います。
さらに、民間人が自由に月の土地を買うことが出来なくなる日が来るかもしれないのです。
月の土地を買うなら、今しかないのです。



月の土地の購入はこちらから購入できます。↓↓↓

月の土地第4期好評発売中です

ブループラネットの値段

ブループラネットと呼ばれる青い月をモチーフにした宝石があります。
正体はラピスラズリを脱色加工した石の事で、軟らかな深みのある青が特徴の宝石であるのです。
ちなみに、月の石と言うわけではなく、そもそも月の石自体は、ただの岩石で美しさも無いです。
実際にブループラネットを販売している店の価格は3400万円であったのだが、元がラピスラズリなだけに残念な価格設定であありました。
このブループラネットで儲けようと思った中国人は、成分構造上、地球には存在しないと言って販売しているが、今までラピスラズリを加工した前例が無いため唯一無二なワケであって、宇宙からの贈り物と言うわけではないのです。

テレビゲームにおける宝飾品


テレビゲームにも宝飾品が良く登場し、ゲーム内での金策や装備品によく用いられています。
装備品であればまだしも金策目的で宝飾品を使う場合は、極端な例では主人公たちは九十九個の宝飾品を持ち歩くケースさえあります。
売り払った宝飾品は、武骨な剣や防具に変えられてしまいます。
宝飾品のみならず、ゲーム内のアイテム全般に言える事かもしれませんが、主人公たちはそんなにも大量の宝飾品を持ち歩いて、物に対する価値観が狂ってしまわないのかと疑問に感じます。

ページのトップへ戻る