アトランティス大陸探しの魅力


古代にあったとされる文明は、アトランティス、ムー、レムリア・・・等があります。

中でもアトランティスは、古代ギリシャの哲学者プラトンがその著書の中に記しているので、信憑性が高いと思われていますね。
しかし、アトランティスの名前は知っていても、その文明があった場所、高度な文明の中身、そこで暮らしていた人々の様子等は意外と知らないのではないでしょうか。

プラトンが書いているから信じられていますが、未だにアトランティスの物と確定された遺跡も、そしてそれがあった場所すら特定されていません。

では、アトランティスについて、まずはプラトンが描いた内容から見ていきたいと思います。

プラトンが描いたアトランティス

プラトンが書き残したアトランティスですが、実はプラトンはエジプトのソロンという神官から聞いた話を元としたと言われます。
しかし、これも大昔のことなので確実とは言えません。

アトランティス大陸、及びその文明は、プラトンが著した「ティマイオス」と「クリティアス」の中に見られます。

アトランティス大陸は、今から約12,000年以上前に存在した文明で、現在のナイル川より西からアジアを含めた面積より広い“”だったと言います。

そして、その地に住む人々は、現在の我々より遥かに高い文明を持ち、テレパシーによる会話も可能だったり、現在では見られない超合金や自然を破壊しないエネルギーを使っていたとか。

アトランティスの王家はポセイドンの末裔でしたが、人間と接するに連れて堕落していき、領土拡張を目指すようになります。

  最後に超古代文明である「古アテネ人」がアトランティスに勝利すると、アトランティスは大地震と津波によって一夜にして海底に沈んだと言います。

プラトンの弟子達の反応

プラトンはこの話は実話だと書いていますが、弟子である現実主義者のアリストテレスは、アトランティスの存在については否定的でした。
そして、一部の弟子達はアトランティスを信じ、また別の弟子は、これはプラトンに依る寓話、すなわち人間の傲慢さを諌めた話ではないかと考えました。





アトランティス大陸を探せ

中世以降、アトランティスの存在を信じる人々は、アトランティスの痕跡を見つけることに夢中になります。

そして、大西洋、アメリカ大陸、スカンジナビア半島、カナリア諸島等、様々な場所がアトランティスの候補として挙げられ、しかし、高度な文明の痕跡は全く見つかっていません。

ビミニ・ロード



現代では、『ビミニ・ロード』がアトランティスではないかとして有名です。

1968年、水深7mの浅さに四角い石が1.2kmに亘って敷き詰められているのが発見されます。

人工的に見えるので、これがアトランティス大陸の遺跡であると考えられました。

しかし、『ビミニ・ロード』はフロリダ半島のマイアミから東沖90kmの地点にあり、プラトンがアトランティスあったと書いたジブラルタ海峡とはかなり離れています。

また、地質学者の調査では、この人工的な岩の繋がりは、堆積岩だということです。

石灰岩の堆積岩なので、地殻変動で海底に沈んだ後ずれの無い綺麗な割れ目が入り、それが恰も人間が敷き詰めた石の道に見えたということです。

ミノア文明がアトランティスか


エーゲ海にあるティラ島では、紀元前1500年ごろに火山が爆発し、近くにあったクレタ島のミノア文明が崩壊しました。

これが、アトランティスではないかという考え方もあります。

しかし、残念ながらこれは年代が合いません。

アトランティスが滅んだのは紀元前10,000年頃。

それに対してティラ島の火山爆発は紀元前1500年頃。
これではアトランティスだと決めつける訳にはいきませんね。

おまけにミノア文明はティラ島火山で滅んではいませんでした。


ハインリヒ・シューマンの孫の説


ギリシャ神話に出て来るトロイの遺跡を発見した考古学者シュリーマンは、伝説が事実であったことを証明したことで有名ですが、その孫と言うポール・シュリーマンが、祖父が残したアトランティスの秘密が書かれた封書の中身からアトランティスの場所を突き止め、更にアトランティス大陸沈没後、残った人々が住んだのはボリビアのティアワナコ遺跡だとまで主張しました。

しかし、学者達が調べたところポールが発見した物は年代的に合わず、彼自身が各地で調査した痕跡も見つかりませんでした。

おまけに父ハインリヒの助手であった人も、ハインリヒはアトランティスの研究をしたことがないと言っています。

最後に・・・


アトランティス文明は果たしてプラトンの創作だったのでしょうか。

それとも本当に海の底に沈んで、発見される日を待っているのでしょうか。

遥か古代へのロマンをかき立て、人々を魅了し続けるアトランティス!

本物のアトランティス文明が人類によって発見される日はいつ来るのでしょうか・・・・?

ページのトップへ戻る