死後の世界はどのような世界なのか?

死後の世界について

多くの文献やまた死ぬような経験をした人は、必ず死後の世界を体験します。

このようではない体験でありまた現実的でない風景や合うことのない死んだ人と再開など摩訶不思議なことを語ることがおおいのです。
これはやはりこの世と死んだ世界があり人は死ぬと違う世界に行けるということだと思われます、ただこの世に未練などがありこの世界にとどまっている何かしらの存在が霊ではないかと思われます。

よく事故などや墓場などで得体の知れない存在を見たとか聞きますがそのようなものではないでしょうか。

現代科学の技術をもってしてもこのような存在をはっきりと証明するにはまだまだ難しいものがあり研究しているひとでもこれは言う証拠を突き詰めるには不十分ですね。

しかし数千年も人の歴史は何かしらの死後の世界があると知らされており寺院や教会などでは地獄や天国などの象徴的な絵などが飾れてており死後の世界があり死んだあとは別世界へ行けるという事を教えています。

多くの宗教などではキリスト教や仏教やイスラム教などでも経典や教えなどでも書かれており死後の世界は存在すると教えられおり正しく生きようとおしえられています。

このようなことからやはり死後の世界は存在すると思われます。






ページのトップへ戻る