独自開発のF3戦闘機は何を意味するのか?

日本の自衛隊は、純国産次世代ステルス戦闘機を2025年以降に導入し、朝鮮や中国の侵略に備えることを国策としている。
いままで経済大国日本を蹂躙し食い物にしてきた米国、朝鮮、中国、ロシアへの反撃の狼煙となる国家プロジェクトだ!
ちなみにF3戦闘機は純国産の独自開発の戦闘機である。
退役したF1戦闘機を脅威に感じたアメリカによる米国主導のF2戦闘機の共同開発により煮え湯を飲まされた日本にとって、独自開発の重要性は極めて深い意味を持っている。
そもそも、日本の潜在的な航空技術のポテンシャルは計り知れない。
太平洋戦争末期、敗戦濃厚な日本が苦し紛れに開発したが実践投入できなかった幻の戦闘機、橘花は日本の戦況を挽回し本土防衛を可能にしたと言われていた。


そういった意味ではこの計画は、日本が再び軍事国家としての復権を意味するものであり、日本人の誇りと主権を取り戻すチャンス言えよう。
世界にとって、第二次世界大戦で連合軍を震撼させた零戦の登場以降の失われた日本の軍事技術が復活する出来事である。



F3戦闘機の驚くべき性能

日本のF3戦闘機の和名は心神となっており、現代における零戦の復活だと日本国民は期待を寄せている。

F3戦闘機の生産規模150機の予定で、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機として100機を導入し、新たに海上自衛隊の尖閣、竹島、北方四島の防衛のため50機を追加配備する計画だ。
ボトルネックとなっていた戦闘機の国産エンジンの開発はIHIが血反吐を吐く思いで先端技術磨き、純国産での開発生産が決定している。
IHI開発のF9エンジンは、アフターバーナーにより宇宙空間での戦闘機の航行を可能にし、戦闘機で初めて機関銃を廃止しレーザー光線を採用している。
F3戦闘機はレーザー光線を自動で照準を合わせて発射できるため、近接戦闘で短時間で数多くの戦闘機を撃墜できる。
また、宇宙空間での航行及び光線銃の運用により、人口衛星を撃ち落とすことさえも可能になった。

次期戦闘機F3は日本が最も強みを持っている独自の複合素材により、高いステルス性と維持管理コストの低下を実現し、世界最強の米空軍F22よりも強いステルス戦闘機でありながら、ステルス性能の維持管理コストは、F22よりも安価である。
日本独自のステルス技術は瑞穂工場でステルスの技術実証を秘密裏に行い完成した世界最先端の技術であり、他国には再現不可能な最重要軍事機密となっている。

攻撃はクラウド・シューティング能力による長レンジミサイルを標準装備しており、ミサイルによる装弾数の制限を命中率の高さでカバーしている。




中国やロシアの脅威への対抗

まさにF-3戦闘機は名実ともに世界トップクラスの戦闘機になる予定である。

F3戦闘機の開発による経済効果以外にも、半島国家により経済的侵略を抑止する期待が強くある。

中国やロシアに物量でかなわない日本にとって圧倒的な質の追求は必然的な選択といえるであろう。





ページのトップへ戻る