神隠しの考え方

現代では神隠しと呼ばれる子供が失踪する現象が起こった時に、自治体がどのような対応をとるのかについて、昔と変わってきています。
14歳の少年が神隠しにあった時に、自治体からあっという間に少年保護の防災無線が流れて良かったと思いました。
14歳って微妙な年頃なんですよ。
あの年頃って、本当に何やるか分からないと、おじさんになってから、気がつくものです。
かくいう私も14歳のころは情緒不安定で危なかったと思います。
変な宗教団体だか詐欺団体に資料を請求したり、オカルトに浸ったり、とにかく反抗期ともいえる年齢、確かにおじさんから見ると、多少無理があっても、成長ホルモンが収まるまでの間、じっとしていてほしいと思う反面、でもあの年頃だから、それくらいの冒険はするのではないかとは思います。
ご両親も心配するけれど、でも、分かっているのでしょうね。
少年の性格や言動なども、ただ全てではないとは思いますし、親も働き盛りなので、神域である山や森に子供が遊びに行くことは心配だと思います。



失踪に対する対応


因みに親が逃げ出すとか別れるという逆パターンじゃなくて良かったですね。
結局、おばあちゃんは完全に無視されているのか、勝手に保護されて事件にもならなかったのかという事ですが、しかし、消防団とか、警察に叱られるだろうなあと思います。
常世の方がおじさんは怖いからいやです。
まあご両親も理解しているのです。
14歳という年齢が唐突な失踪をさせているというのを部落総出で捜索するのすね。
私、14歳の頃って、結構危なかったとは書いたか忘れましたが、虐められて、衝動的に何をするのか分からないという年頃でした。
行方不明になると本当に危ない年齢でもあると思っています。

いじめによる被害の把握


私の両親は、私が毎回学校でいじめられているのを知らなかったらしく、当時は不登校という言葉もなかった時代で、怠け者というとらえ方が、主流の時代でした。
なので、色々と少年っぽい考えをしたものですが、とにかく衝動的に死ぬなら苛めた奴を仕返ししてやるという若い気持ちが、現在ではすっからかんになっているのが面白いですね。
神の仕業ではないことは当たり前でしょうけれど。
因みに天狗隠しを今やられたら、それこそ訴訟とかの方に話が行きますけれどね。
ともあれ、少年は無事に保護されてよかったと思います。
怒られはするけれど、でも明日があれば少年は生きていられるよ。
古神道の神から子供が保護されるって事自体、誰からも見捨てられていないし、まだまだ何とでもなる年ではないかと思いますよ。
神域は大丈夫だと私は思います。

以前、13歳の少女二人が手をつないで、線路から飛び降りたなどという話があって、私はドキッとしたものです。
私が14歳の頃に人が行方不明なっていたら、その当時の親はどれほど嘆いただろうかと、それくらいの事なのですが、少年がケロりとしていた方がいいですね。




ページのトップへ戻る