未確認生物のことをUMAというわけですが、例えばネッシーとか雪男とかそういうものになるわけですが多少分類は違うにしても例えば古代生物が生きていたということもそれなりにあったりするのだ。



見つかったUMA

代表的なのはシーラカンスなどであり既に絶滅して何万年と経っているものと思われていたのですが地元の漁師ではたまに引っかかる美味しくない魚として認識されていたりと今でもUAMと言われているようなものが地元の人ではよく見かける動物ということになっていたりする場合もあったりしたのである。

例えばパンダなどは幻の動物だったのですが、地元ではよく知られているたまに見かける熊のような動物という認識がされていたりしていたのだ。



意外とUMAは珍獣だったりする

このように今はUMAでも単に見つかっていないだけという可能性の事例がいくつかあったりするので割と現実的に面白いオカルティックな存在でもあるわけだ。
要するに定義を変えただけで、UMAも発見されれば珍獣扱いにされ、事実上格下げされる。
そもそも、人間であるとされるコシノジュンコや草間彌生はどうみても宇宙人ではないか?




ページのトップへ戻る