魔法陣の元になったものとは?

魔法陣は、漫画やアニメなどでよく出てくるものなので、割と親しみを持っている人も多いのではないだろうか。
漫画やアニメなどでは、悪魔や使い魔などを召喚するときに描かれたりして、場面やストーリーを盛り上げることに一役買っている。
しかしこの魔法陣というのは、単なる架空のものではなく、その元となったものが実際に存在するのだ。
それは何かというと、西洋魔術で使われる「魔法円」と呼ばれるものであり、悪魔から身を守るというという目的で使われたものだったと言われている。
なので、正確に言うと魔法陣ではないし、もちろん悪魔を召喚することもできないが、その「魔法円」を作ったり、おまじないをする方法というのは実際にあるのだ。



本物の魔法陣の作り方

本来「魔法円」と呼ばれる魔法陣を作る時は、まず清めを行う必要がある。
自分の体を清めるためにはお風呂に入ればいいのだが、魔法陣を描く道具を清めるには、部屋にお香を焚いて、その煙に道具をくぐらせるという方法があると言える。
魔法陣を作る時に必要な道具としては、チョークなどの描く道具と、ロウソクが必要になる。
魔法陣の描き方については、まず、チョークなどで床に2~3メートル程度の円を描き、その中にもう一つ円を描いて二重丸を作る。
そして二重丸に挟まれている部分にラテン文字などで神や天使の名前を書こう。

さらに、陣の中心に五芒星(一筆書きの五つの角がある星)を描けば、魔法陣の完成である。

そして完成した魔法陣の四隅にロウソクを立てれば、より悪魔を寄せ付けない効果を高めることが出来ると言われている。

おなじまいの仕方

魔法陣を作った後は、おまじないを行うが、その際は紙とペンを用意しよう。

紙に、避けたい人物や物事などを書いたら、魔法陣の中心に立ち、目をつぶってその紙を握りしめる。

そして「ウィッチクラフトの名の下に命じる、陣の中にいる私から悪魔を消滅させよ」と唱え、ロウソクで紙を燃やすと完了である。



ページのトップへ戻る