魔術の触媒とは?

魔術という奇跡には何かしら理由がある

魔術の触媒となるものというのは各地に色々と伝承があったりするのですが例えば血液であったり、動物の死骸などであったりするわけである。
何かしら理由をつけてそこに魔力やあるいは何かしら特別なパワーが存在しているということで触媒として使われるということになるわけだ。

魔術ではないですが日本の陰陽道などにも似たような考え方があるわけで例えば霊力を持っている木というのがあってそれを使うことによって不思議なパワーをより強めたりするというような考え方で触媒が決められているということがあるわけだ。
様々な神秘を起こす魔術には原則として等価交換であるというルールが存在する。
そのルールを無視することができる魔術が存在するのならば、それは奇跡はより強い奇跡の前に無効化するという原則に当てはまるので、現実的にはそのような魔術師は稀であるというのが現実だ。





ページのトップへ戻る