旧帝国軍人として戦死した祖父Q氏の怨念

祖父Q氏の怨念

私は、今からちょうど5年前のお盆の時期、ちょうど親戚と先祖の墓参りに行った日頃から奇妙な出来事が起こり始めた。
私の友人の不幸が届いたのも突然の事だった。
死因は、首つり自殺だった。
私の知る限り、友人に悩んでいた様子は無かっただけに、自分に何の相談も無しにこの世を去ったのは衝撃だった。




不幸の経緯

葬式の後、友人の母が遺書について教えてくれた。
「いきなりの死を許してください。でも首無しが襲ってくる、アイツからは逃げられない」と記入された遺書に、私はどう反応すべきかわからずも、友人の母には、「私の知らないところでこんなに悩んでいたとは思いませんでした」と咄嗟にその場の雰囲気を取り繕った。

不幸は連鎖する、友人の葬式から1週間程度で学生時代の恩師の死が舞い込んできた。
恩師とは、学生時代からの付き合いで卒業後もいろんな相談などに乗ってもらうなど懇意にしてもらっていた。死因は、飛び降り自殺。
葬式の何日か後、恩師の娘さんからの電話があった。

恩師と懇意にしていただけに、何か聞いてなかったか?というものだった。

私には心当たりもなく返答することができず、少し間が空いてから、娘さんのほうから「実は、遺書はなかったんだけど、自殺する数日前から調子を崩しており、幻覚のようなものが見えていたようなの、いつも首のない奴がいるんだ、アイツはQに間違いない、間違いないと」何度も繰り返して叫ぶようになったの。

Qって・・・・・おじいさんの事よね?
私はその言葉に、急に背筋が凍りつくような感覚に襲われた。

旧帝国軍人だったQの存在

祖父は、戦争中に敵の砲弾の餌食となり無残にも首から上が無くなった状態で死んだ。

当初は、本人かの確認ができるわけもなかったのだが、ズボンのポケットに入っていた、私の祖母、父などとの集合写真が明確な証拠となり、戦後になり遺体が実家に戻ってきた経緯がある。

祖父Qと友人、恩師を結びつけているものがあると確信した私は、家族、知人、親戚、ありとあらゆる手を使い、情報収集を行った。

その結果、祖父と恩師は幼馴染で、恩師が教師のため徴兵を免除されていたことを、いつも羨ましがっていたこと、友人との直接的な関係性は見つからなかったものの、友人の祖母と昔は駆け落ちを約束した仲だったそうだが、家族からの強い反対もあり成功しなかった経緯が判明した。

ひょっとしたら、祖父Qは、今でも自分だけが徴兵の犠牲になった事を恨んでいるのではないでしょうか・・・・。


ページのトップへ戻る