生命体が存在する星の確立

宇宙全体がオカルトの世界です。
現在分かって居るだけでも太陽と呼ばれる星が2.000から6.000億個在ると言われています。
この地球の様な銀河系が1.000億個気が遠くなるような数字です。

最近新たに電波か電磁波によって30億個の銀河が見つかったようです。

この数字からいって色々な説は在りますが生命体が居ないと言う方に無理が在ると思います。


どの位の星の数に生命体が居るのか?

生命体の居る星の数を200から300とした時に銀河系の数1.000億個として1.000X(200から300)と単純に計算しても30億以上の星生命体が居る事になります。

実際はこの数字の何億、何十億、いや、もっと多くの星の数になると思われます。
何故遭遇しないのか、余りにも広すぎる宇宙空間の距離が在ります。

想像して見て下さい光の速さを光の速さでも宇宙ではカメが歩くのと同じスピードでしか在りません。



地球外生命体とは想像出来ますか?

地球外生命体と言うと昔はタコ足の付いたタコの様な生き物でしたが、今は頭が大きくて体が小さい良く見かける絵ですが、実際はどうなのでしょう。

この地球上ですら何百と言う国が在り其々顔も言語も違います。

宇宙で考えて見た時に我々地球人には想像外の物で「人」と呼べる生命体で在るのかどうかも分かりませんが、どんな形にせよ存在はしている事には間違いないと思います。

地球外生命体一覧

宇宙はオカルト的な存在で想像の域を超えている物です

地球上のコンピューターであるスーパー京を使っても分からないのが宇宙です。
銀河系が広がっているスピードも銀河系の距離も想像外です。

人間に例えれば地球は細胞の一つで「人」は細胞の中のまた一つでしか無いのでしょう。

まさにオカルト以上の世界だと思えます。





ページのトップへ戻る