我那覇真子問題のまとめ

我那覇真子がシングルマザーであると言うエビデンスはない。


実のところ、最近の保守界隈を騒がせている我那覇真子問題は、保守層の一番の関心ごとではないだろうか?

昨今の中国による尖閣諸島の領海侵犯以上に我那覇真子 VS 依田啓示問題が注目を浴びているのはいかがなものだろうか?
しかしそれだけ世間の注目度が高い。
我那覇真子とエゴサーチ検索すると、なぜか既婚者でありシングルマザーであるという関連検査結果が出ている。
我那覇真子がシングルマザーであると言う情報は一切ない。
しかし、シングルマザーであり子供がいると言う憶測が保守層の間で繰り広げられている。
しかし残念ながら現在わかっていることは、我那覇真子が師匠と崇める江崎という男が統一協会の信者であるということである。
ちなみに統一教会は、日本の政治にもある程度の影響力を与えている宗教団体である。
今後の身辺調査で、我那覇真子の闇が明らかになっていくが、 だからと言って、依田啓示がクリーンな人間であるかといえばそこも微妙である。
というのも依田啓示のカナン基金問題が、我那覇真子とは関係ないが非常に不透明であるからである。


カナン基金についてのおさらい

カナン基金とは、依田啓示の運営する民泊が、左翼活動家とのトラブルによって経営危機に陥り経営再建のために募金を募った基金のことである。
カナン基金の問題は、募金をしていたサイトが消去されていたことと、募金に対する返礼品が送られていないこと、そして、カナン基金によって集められた1400万円もの大金の使い道が一切報告されないことである。
ちなみにカナン基金問題は我那覇真子 VS依田啓示問題とは一切関係無いが、 カナン基金に出資した人にとっては極めて許しがたいことではないだろうか?
それはともかく我那覇真子問題がこれだけ炎上した理由は、本来、依田啓示とだけ戦っているところを、仲裁に入った水島総に噛みつき戦線を広げてしまったことが原因である。
これによって多くの保守層から注目されると共に、今までの活動から見るにかなりの豹変ぶりであったことが驚きを隠せない。
もちろん、我那覇真子を支持する人もたくさんいる。
この騒動を残念がる人もたくさんいる。

そもそも我那覇真子問題とは何だ?

我那覇真子問題とは、我那覇真子が FM 21という沖縄のラジオ局で沖縄防衛局というラジオ番組をやっていたのだけど、その放送に問題があるということで FM 21が放送を打ち切りにしたことに端を発した問題である。
一応 FM 21としては、放送この内容は不適切であると我那覇真子グループに何回にもわたり注意をしたが、放送内容が改善される兆しがないため沖縄防衛局のラジオ放送を一方的に打ち切りにしたのである。
しかしよくよく調べてみると、一方的ではなく何回も注意した上で、改善がされなかったため止むに止まれず沖縄防衛局のラジオを打ち切りにしたというのが真相のようだ。
その問題に対して我那覇真子グループは極めて遺憾の意を表すとともに自分の YouTube チャンネルで言論弾圧だと叫んでいた。
そこに対して依田啓示が自分の YouTube チャンネルで反論をした。
そこからお互いの非難がエスカレートして、水島総が仲裁に入ったというのがこの問題の経緯である。
元々、我那覇真子は依田啓示と仲が悪かったようである。 そして最悪なことに、仲裁に入った水島聡が依田啓示寄りだと非難され、トラブルに巻き込まれてしまったことである。
ちなみに我那覇真子問題で我那覇真子は水島総に対して共産党的な同志弾圧を行っていると強く糾弾している。
この糾弾動画がきっかけとなり、水島総自身も我那覇真子と対決せざるを得なくなった。

我那覇真子の経歴

我那覇真子ついて調べると 、保守層の政治活動家(言論人)であり、 早稲田大学を卒業した高学歴である。
しかし職歴はなく、卒業してからは一貫して保守論壇で言論を展開しているようである。
そのため社会経験が少ないと非難されている。
我那覇真子は若手の保守活動家であり、保守層のおじいちゃん達に人気がある。
なかなか保守の言論人で若い女性がいないため、 保守のおっさんからはちやほやされていたようである。
水島総自身も我那覇真子にはとても期待していたようで、自身が立ち上げた国民保守党という政党の党首になるように打診したり、街宣車を東京から沖縄まで送ったりもした。
非常に大事に手塩にかけて育てていた我那覇真子が裏切ったことは、水島聡のにとって寝耳に水と言えるのではないだろうか?

FM 21との裁判闘争で金を集める

我那覇真子問題は FM 21との裁判闘争に展開した。
FM 21を相手に言論弾圧だと言って裁判を起こしている。
そしてそのための資金を多くの人から集めている。
集めた資金の一部を我那覇グループが主催する琉球新報沖縄タイムズを正す会のメンバーの生活費に充てることについて水島総が避難をしている。
結局のところ、保守を名乗ったただのビジネスであったのかと非常に残念がっていた。
この一連の動きにはさすがの保守も我那覇真子をグレタちゃん状態であると 見限っている人もいれば、全力で応援して裁判資金を拠出する人もいる。


ページのトップへ戻る