グローバリズムについて

 グローバリズムとは、汎地球主義であり、全地球的思考である。
全世界・全地球を視野に入れて、それを一つの共同体として捉え、人口問題や環境問題などを考えて行こうとする立場である。

グローバリズム誕生の歴史

19世紀から20世紀にかけて世界は近代国民国家という虚構を作ることに熱中した。
そこではその国の神話・歴史・共通語などの装置が作り上げられ、人々は「国」という単位で政治や利益を考えるようになった。
この時代はヨーロッパ中心主義の時代でもあり、欧米の文化に比べて他の諸国の文化はより劣るものとみなされた。
ただ、世界のいたるところに近代国民国家が出来てくると公害その他、一国だけでは解決できない問題が次々と出てくることになる。

ここにグローバリズムという思想が誕生したわけである。



グローバリズムの長所

 上記のような必要不可欠の状況の中で生まれてきた思想であるから、当然グローバリズムには長所がある。
航空機の発明・発展あるいは輸送船など艦船の発達・効率化によって地球は狭くなった。
人・物・金の移動が世界規模であるのが当然になって来た。
その上、最近ではIT技術の飛躍的進歩によって情報が瞬時にして地球を巡るようになった。

こうしたことは一国では決して解決できない地球温暖化問題や海洋汚染問題、地球の人口問題などを世界全体で話し合う機会を実現させ、問題意識の共有化、ある程度の解決に向けての行動化などに力を発揮している。

ある程度、近代国民国家の思想から抜け出し「みんな地球に生きる人」という運命共同体の意識を生み出した。



グローバリズムの問題点

 ただ、世界の国の状況はさまざまである。資本主義の国もあれば、社会主義の国もある。民主主義の国もあれば、そうでない国もある。そして経済大国は押しなべて軍事大国である。
経済大国・軍事大国になり、なおかつ世界が今までにない緊密さでつながっているということになれば、世界一の経済大国・軍事大国は世界に自分の都合の良いような影響を与える事ができやすい。
現在世界一の経済大国・軍事大国であるアメリカは民主主義の国であり、法治主義の国である。

それに対して現在世界第二の経済大国・軍事大国である中国は表向き共産主義の国であり、法治主義よりも人治主義の国であると言われている。
この落差はかなり大きく、ここの移行がスムーズにいくかどうかは世界の将来に多大な影響を与えるであろう。

 またグローバリズムの台頭に対して、ローカリズムなど反グローバリズムの動きがあることも忘れてはならない。



グローバリズムの行方

 これからグローバリズムはどうなるのであろうか。人・物・金・情報の動きを止めることは出来ない時代である。
地球温暖化や新型コロナの問題は世界全体で対処しなければ、人類の生存の危機に直面する問題である。
ある意味でグローバリズムが無くてはならない考え方なのは間違えない。

 その一方でグローバリズムが強調され過ぎた分、反動があることも予想される。

グローバリズムが加速した未来

 今までの世界史を見ると、いくら繁栄を誇った国でもいつかは没落した。
そしてその時出て来るのは、別の価値観を持った国であった。
もし仮にグローバリズムが進みすぎて、地球政府などというものが出来たら、地球政府の終焉が人類の終焉となってしまうだろう。

グローバリズムの良さを取り入れながらも、グローバリズムでないものも残していくのが正しい道であろう。

その行程が出来るだけ滑らかなものであることを望みたい。



    

ページのトップへ戻る
オカルトマニアクス 歴史カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ