人類の起源は別の惑星にある

地球人はどこから来たのか?

人類はサルから進化したわけではなく、地球外から地球へと送り込まれた異星人だというのが人類の起源である。

その根拠として、人類の生物的特徴は地球に適応して設計されていないということが挙げられる。

人類の体には、地球上のほかの生物にはない弱点というべき特徴が数多く存在している。



重力問題

人類を悩ませる腰痛は、ほかの動物には存在していないとされている。


腰痛が発生する原因は人間が二足歩行であると言われてきたけど、これは地球よりも弱い重力環境で二足歩行に進化してきたため、地球よりも重力が弱い惑星で生活していれば腰痛にならないというのが真実だ。


哺乳類の中で二足歩行するのは地球上では人間だけであるが、人類は地球で二足歩行しているから重力の影響で腰痛になるのが正しい答えだ。


よって、地球よりも重力が弱い惑星で生活していたら腰痛にはならないのである。

また、出産される胎児の頭が大きすぎるため妊婦が死に直結するほどのリスクがあることは、地球のでの出産を想定していないことが挙げられる。

慢性的な疾患の多さ

人類は圧倒的に多くの慢性疾患を抱えているという事実がある。
これも、ほかの動物には見られない特徴である。
その理由として、人間の体内時計のリズムは24時間ではなく、25時間であるからだと考えられている。
驚くべきことに惑星によって一日の時間は違う。
地球の一日の長さは24時間であるが、水星は58日、火星は1.026日、木星は0.4135日と一日の時間は惑星が大きくなるに従い一日の時間は短くなるという。

日焼けする問題

人間は長時間太陽の下に居ると熱中症や日焼けなどを誘発する。
これはほかの生物には無い特徴であり、これも人間が地球外の太陽の影響が小さな惑星で進化したという証拠になっている。

健康


そもそも100%健康な人間を見たことがないくらい、人類は何かしらの疾患を抱えている。
意外と多くの人が鬱などの精神的な病になってしまうことは、人類はDNAレベルで地球環境で生活することにDNAレベルで拒否反応を起こしており、心落ち着かないという証拠である。


地球人は火星人説


もしも、人類が本来生まれてきた星があるとするなら、人類には還るべき場所があるということになっている。
地球人は火星から来たという証言がある。

世界を騒然とさせた、あるロシア人少年ボリスカはかつて火星人として生きていた記憶があると証言している。

ボリスカはヨガや仏教の瞑想する際の座法によって特別なチャンネルから新しい知識を獲得しているという。

ボリスカはまだ誰からも教わっていない火星や惑星系、そして地球外文明について詳細に語り、火星にはすでに居住者が存在したが核戦争によって滅亡したと証言している。


火星は地球よりも重力が弱く、太陽までの距離が遠いため紫外線の影響を地球よりは受けずに済む。
そして、一日の時間は24時間37分と人間の一日の体内時計である25時間に近いことから、人類は地球よりも火星に適応した生物であるという結論に至っている。




宇宙の謎と生命のある惑星や銀河の話

人間の起源は宇宙にあるらしいが科学的な見地からの証明は未だに謎のままだ。

残念ながら、それらを調べようにも我々の技術は極めて幼いのである。
最初に宇宙を知るためにはその領域に行くべきである。
今の人間の技術では遠い銀河系に行くことは難しいのだ。
私たちは想像をして宇宙のイメージを拡大させてきた。
しかしそれが本当であるかは見ていないので不鮮明である。
いつか人間は自由に遠方の宇宙を歩けると考える。
そこにどれだけの時間が必要なのかは全く想像ができない。
人々が気にするのが宇宙の規模や生命の存在だ。宇宙で生きている命が地球だけではないような気がする。
それらの命はどこから来ているのか大いに謎が深まっている。
もっと高度な技術を持たねば人間の未来も不鮮明である。
銀河は広く確実に無数の生命がいたという痕跡があった。
調べて分かっている生命の痕跡は極めて多いのである。
宇宙は広がっているためそれに終わりがあるのか疑問だ。
しかし人間の命では短すぎて宇宙の終わりを知ることはできないだろう。



    

ページのトップへ戻る
» 地球外生命体が存在する可能性を示す証拠と考察
オカルトマニアクス 宇宙カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ