宇宙の不思議、一度は想像した事があると思います。

宇宙の果ては、宇宙人は入るの、これらの疑問はコンピューターを使っても解く事の出来ない物です。
規模が在り過ぎて想像の限界を超えてしまっているからです。
要するに、人は見た事も聞いた事もない物に対しては想像が出来ないと言う事です。
昔の人が海の地平線を見てあの先は崖になっていて落ちてしまうがその先は神の領域と言う時代も在りました。

数字の単位も大き過ぎて付いて行けない。

十億、光年、∞など聞いても大き過ぎる単位です、光の速さで、と言いますが此の光の速さは地球上に在る全ての物の中で一番早い物で、此の速さを抜ける物が在ればタイムマシンも可能になると言われています。

光の速さで1万年、想像出来ますか、1光年です。

10万光年、100万光年先ここまで来ると想像の範囲を超えてしまいますが、100万年前の光を現在見ている事になる訳で、後10万年すると消えてなくなっているのかも知れません。

光の速さと時間

宇宙では地球の時間がずれて来ると言う実験がおこなわれているようで、タイムマシンの研究です。
宇宙で光の速さで1年飛び続けて地球に戻ると地球上の時間は10年経っていると言う説が在ります。
未来に行けるという事です。
しかし、過去に行く事は残念ながら無理ではないかと言うのが現状です。



地球から月までの距離でさえも計り知れない

地球から月までの距離が役38万キロあります。
これを聞いたときに、地球の上を38万キロ歩き出す奴がいると。
でも、いくら地球上を歩こうとも、たとえ、50万キロ歩いたとしても月にたどり着く事はありません。
月に行口ことが目的である場合、地球上を歩くというのは、手段として多いに間違っているからです。
もし、人間が月へ行きたいのであれば、やるべき事はロケットの手配です。一般人がロケットに乗るにはどんな手段があるのか。どんなルートがあるのか。
お金はいくらかかるのか、どこに掛け合えば良いのか、もしロケットに乗ったら月に着くまでどれくらいの時間がかかるのか、飛行機に乗るにはパスポートが、新幹線に乗るにはチケットが必要なように、ロケットに乗るには何が必要なのか。
そんなことを調べて、可能性を高めることを、努力と呼ぶのではないでしょうか。
私たちは、無駄な努力をして、そこにたどり着けず、それでも頑張ったことを理由にして自分を慰めようとします。
それが、いかに愚かなことなのか、宇宙を通して学べたらいいなと思いました。

宇宙は拡大し続けている

宇宙は果てしなく広いがその広さを本当の意味で理解している人は居ない。
一説によると宇宙はどんどん拡大しているという。
それでなくても無限大な宇宙なのに更に拡大し続けているとしたら宇宙とは一体何なのだろう・・・。


わたしたち地球で生まれ地球で生きているものたちには本当の宇宙など分からない。
解明されていることも多いがそれが真実かも分からず学者などが調査した結果戸やらを真実と捉える。
結局自分の目で見たことでなければ又聞きと同じで、それが真実か嘘かは分からないのだ。


宇宙人がいるとかいないとか未だに宇宙人の存在を否定している人も居る。
目に見える範囲だけでもこれだけの星が宇宙にあるのに宇宙人がいるとかいないとかそんなレベルの討論をしている場合ではない。
未確認飛行物体があるとかないとか議論している場合でもない。
宇宙人はこの地球にあたりまえに存在しているし、未確認飛行物体と呼ばれてる乗り物もこの地球にあると信じている。
» 【見るな危険!】海岸に漂着した未確認生物がグロすぎる件



    

ページのトップへ戻る
オカルトマニアクス 宇宙カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ