死後の世界はどのような世界なのか?

死後の世界のイメージ

死後の世界について

多くの文献やまた死ぬような経験をした人は、必ず死後の世界を体験します。

このようではない体験でありまた現実的でない風景や合うことのない死んだ人と再開など摩訶不思議なことを語ることがおおいのです。
これはやはりこの世と死んだ世界があり人は死ぬと違う世界に行けるということだと思われます、ただこの世に未練などがありこの世界にとどまっている何かしらの存在が霊ではないかと思われます。

よく事故などや墓場などで得体の知れない存在を見たとか聞きますがそのようなものではないでしょうか。

現代科学の技術をもってしてもこのような存在をはっきりと証明するにはまだまだ難しいものがあり研究しているひとでもこれは言う証拠を突き詰めるには不十分ですね。

しかし数千年も人の歴史は何かしらの死後の世界があると知らされており寺院や教会などでは地獄や天国などの象徴的な絵などが飾れてており死後の世界があり死んだあとは別世界へ行けるという事を教えています。

多くの宗教などではキリスト教や仏教やイスラム教などでも経典や教えなどでも書かれており死後の世界は存在すると教えられおり正しく生きようとおしえられています。

このようなことからやはり死後の世界は存在すると思われます。




キリスト教の場合

キリスト教の場合の死生観は、 死者が死ぬと地底世界に眠り、終末の時に復活すると言われている。
天使の服ラッパによって地底に眠る死者は目覚め、神の裁きを受けるという。
神の裁きによって、悪人と善人に分けられ、悪人は地獄に落ちて、善人だけが天国に行くと言う。

ラグナロクの世界の場合

ラグナロクの世界では死者はヴァルハラと言う、死者の世界に行くと言う。
終末の最終戦争ラグナロクにおいて、ヴァルハラの世界から再び、現実世界に呼び戻され、最終戦争ラグナロクを戦うのがこの世界の設定である。

仏教の場合

仏教では、 死ぬことは命のサイクルと説いている。
人は、生まれて生きて死ぬ、そして再び別の命をもって生まれると言う。
いわゆる輪廻転生の概念であり、人は生まれ変わるという死生観である。



    

ページのトップへ戻る
幽体離脱体験?筆者が実際に臨死体験をしたときの話!
前世がアトランティス人だった人の話は本当なのか?
オカルトマニアクス 超常現象カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ