北極と南極には地下世界に通じる穴がある

地球内部にはもうひとつの世界が存在している

 有名な都市伝説なのでご存知の方も多いかもしれませんが、地球の内部には空洞があり、その中にはもうひとつの世界(地下世界(通称アガルタ))があると言われています。

そのアガルタへの入り口は北極と南極にあり、一説にはこの付近を飛行するパイロットはその事を知っているのですが口外する事を禁止されており、秘密を誰にも漏らしてはいけないと厳命されているのだとか。

もちろん都市伝説なので実証されてはいないのですが、アガルタを実際に目撃したり迷い込んだ体験をした人物がおり、その時の体験談が後世に伝わっているので紹介していきたいと思います。



地下世界に迷い込んだ親子

 地球内部に入り込んだ親子の伝説があります。
俗にいうヤンセン親子の体験談というもので、地球内部の世界を語る上で外せない話となっています。
1829年4月、スウェーデンで漁師を営んでいた彼ら親子は、この日もいつものように船でノルウェー沿岸を北上していました。
そして北極圏に入った途端、それまで穏やかだった海が一転し、荒れ始めて暴風雨になってしまいました。ヤンセン親子は海に振り落とされないように必死に船にしがみつき、数日間に渡る嵐を何とかやり過ごしました。

そして周りを見回した彼らは奇妙な事に気付きます。
何と上下左右に海がある、水のトンネルの中を進んでいたのです。
ですが戻ろうと思っても船がいう事を聞きません。
なすすべなくトンネルの中を進むこと数日…。
ようやく不思議なトンネルを脱出し、水平線の見えるいつもの海に出たと思ったのですが、どうも妙です。太陽は妙に赤いし、周りに広がる海もいつもと違うように思えます。
そんな中、彼らに向かって大きな船が近付いてきました。

その船に乗っている者達を見て親子は驚愕しました。船に乗っていたのは体長が4メートル程もある巨人だったのです。
最初は身構えた親子でしたが、彼らの予想に反して巨人達は友好に接してきました。
「我々の世界を案内しよう」
そう言った巨人達の言葉は聞きなれない言葉でしたが、よく聞いてみるとサンスクリット語に少し似ており、彼らにもかすかに理解する事ができました。
巨人達は親子をイェフという町に連れて行きました。案内された中で見た建物は黄金で彩られており、巨人達の体長に合わせてとても巨大に作られていました。
農作物も豊富に作られていたのですが、これもやはり彼らの体長に合わせて作られているのかどれも巨大で、リンゴひとつで、人間の頭程の大きさがあったとの事。

そして親子は王と面会し、王から2年間の滞在許可をもらい、2年間、この町で暮らしました。
その中で出会う巨人達は皆、穏やかで優しく接してくれたとの事で、親子も安心して暮らす事ができました。
町中では巨人達は見慣れない機械を数多く操作しており、漁師の彼らから見てもとても高度な文明を持っている事が分かりました。
また巨人達の平均寿命は人間よりも遥かに長い、800歳と教えられたとの事。驚きです。

やがて2年の時が過ぎ、親子は自分達の世界に戻る決心をします。
そんな彼らに巨人達はお土産として、金塊とこの世界の詳細な地図を渡しました。
親子は自分達の船に乗り込み、やってきた時と同じ水のトンネルをくぐります。
トンネルを出た先は最初に入り込んだ北極の海ではなく、何と反対側の南極の海でした。
驚きつつも航海を続けていたのですが、親子の船をまたしても嵐が襲います。
この嵐で船と共に金塊と地図も沈み、後日、息子だけ氷山に乗って漂流しているのを、たまたま通りかかった捕鯨船が見付けて救助しました。

話はここで終わりです。



ちなみにノルウェーの漁村では古くからこのような話がいくつも伝わっているらしいです。

また、船乗り以外にもこの世界に迷い込んだ人物がいました。
その人物はアメリカの軍人で、名前をリチャード・イヴリン・バード少将と言います。

こちらの体験談も説明していきたいと思います。

地下世界に迷い込んだアメリカ軍人

 リチャード・イヴリン・バード少将(通称バード少将)は、1947年2月19日に北極点を超える「ハイジャンプ作戦」に参加していました。
朝の6時過ぎにアラスカを飛び立ったバード少将。
最初は順調に飛行を続けていたのですが、2時間ほど経過した8時頃に、北極上空で乱気流に遭遇しました。その後、9時頃にバード少将は異変に気付きます。
眼下に広がる氷と雪の色が妙に赤みがかって見えるのです。
そのまま飛行を続けるのですが、不思議な事に今まで下に見えていた氷と雪が無くなり、代わりに山のような物が現れ、その向こうに川と森が広がっているのが見えました。

北極にはもちろん川や森などはありません。
バード少将は驚きつつも周りを探索していると、ゾウに似た動物を発見しました。よく見てみるとゾウではなく、何と絶滅したはずのマンモスではありませんか。
しかも「街」のようなものまであります。

驚愕しているとバード少将の飛行機に、鉤十字(かぎじゅうじ)のマークの入った飛行機が近付いてきて、無線に英語で、「私達の世界にようこそ。これから、あなたの飛行機を着陸させます」というメッセージを入れてきました。
暫くすると飛行機のエンジンが完全に停止します。
そしてその状態のまま見えない力で飛行機が誘導されて先ほど見た街に着陸。
そしてバード少将の飛行機に背が高く、金色の髪をした男性が複数人、近付いてきました。
話はここで終わりです。
どうもアメリカ軍から内密にするようにとの指示が出たようで、この後の話は隠されているようでバード少将の口からも語られていません。
ですがバード少将の残した日誌があり、それを読んだ彼の夫人が次のような言葉を残しています。

「地底人は背が高く巨人で、内面的にも外見的にも地上の人類よりも優れていた。 彼らの街は地下で1000年以上も存在しており、食べる物にも困っておらず、新しいエネルギーを持っているおかげで光にも困っていない様子だった。バードは地底人の王とも面会しており、かつて地底世界の者達は地上世界の人間達と何度もコンタクトを取ろうとしたがその度に拒絶され、地底人の乗る飛行機も撃墜されてきた。 そのためコンタクトは中止とし、もし今後、地上世界の人類が自滅するような事があった場合のみ、手を差し伸べる事を決め、地上との接触を絶った。 バードはそれから巨人達に彼らの文明の全てを見せてもらう。そして帰還の時がやってくると巨人の乗る飛行機と共に飛び立ち、彼らのエスコートで地上世界に通じる穴に入り、元の世界に帰還した」

そして先にも述べたとおりに軍からこの事を口外しないようにとの指示があり、バード少将は不遇のままにその生涯を終えたとの事。



地底世界の正体とは?またそこに行くための穴は実際にあるのか?

 バード少将の話はヤンセン親子とは違い、軍関係者の体験した話なのでとても信憑性は高いです。
またバード少将は地下世界に迷い込んだ時にマンモスや街、巨人の写真をカメラに収めており、ネットで検索するとそれらの写真を閲覧する事ができます。

昔の写真で不鮮明ではありますが、巨人は白い服を着ており、バード少将に向かって驚いたような表情を見せています。禿げているのか剃っているのかは分かりませんが、頭に髪はなく、写真では手の形が我々とは違う形のように見えます。
地下世界の街については遠景からの写真なので詳しくは分かりませんが、ヤンセン親子の話も併せると我々よりも高度な文明を持っている街だというのははっきりしています。
そしてこの地下世界に行く方法ですが、ヤンセン親子は水のトンネル、バード少将は穴を通っています。
トンネルに関しては、「上り下りしている」と見れば穴と見る事ができますので、両方とも穴を通って行き来したと見るのが自然でしょう。

そして地下世界に通じる穴ですが、これは今までにも何度か撮影されています。
一番古いもので1967年1月6日にアメリカの気象衛星(エッサ3号)が北極と南極に空いている穴を撮影しています。
翌年にはエッサ7号が北極の穴を撮影し、これは白黒の写真で今でもネット上で閲覧する事が可能です。
ただしこの写真に関しては地球の影が丸く映り込んだものと言われており、穴ではない可能性が高いです。

さらに翌年の1969年には、NASAのアポロ11号が北極付近の穴を撮影しています。
この穴は綺麗な丸い円ではなく、ちょっといびつな形の穴になっています。
最後は1986年2月19日に打ち上げられて2001年3月23日まで活動していた、旧ソビエトの宇宙船ミールから撮影された穴です。
こちらは穴の中が赤く光っており、気流がみえます。
赤い光というと、ヤンセン親子が「妙に赤く光る太陽」を見ていますし、バード少将も「妙に赤みがかった雪と氷」を目撃しています。
何だかこれらの証言と関係があるように思えてきますよね。

以前に話題になった、CIAとNSAの元局員のエドワードスノーデンの暴露の中に、「地球の地下には人類よりも高度な知能を持った地底人が住んでいる」という発言があります。
彼によると地底人は我々人類よりも高度な知能と技術を持っており、UFOに乗って地上に出る事もあれば宇宙に行く事もあるとの事。
その時に通過する穴が北極と南極にあるのではと言われています。



南極で見付かった古代遺跡

 近年、NASAの調査で南極の氷の下に人工的に作られた構造物の痕跡がある事が判明しました。
どうも集落の跡のようなもので、他にもピラミッドのような物が3つ確認されています。他にも入り口らしき穴も発見されています。
そういえばバード少将の話の中に、「鉤十字のついた飛行機」が出てきましたよね。鉤十字というとナチスなのですが、実はナチスはヒトラーの命令で、南極の地下世界の調査を行っていたとの伝説があります。
また南極の地下にUFO基地を作っていたという噂もあります。
鉤十字のついた飛行機に、南極で見付かった集落の跡。
何らかの関係があるのでしょうか。
かつて南極は今のような氷の大地ではなかったと言われています。
あの有名なアトランティス大陸は南極にあったという説もあるくらいですから、ナチスの基地とは別に、過去にこの地に文明があったとしても不思議ではないですよね。
アトランティス大陸について

最後に…

 実は最近、南極に各国の要人が集まっているとの噂があります。他にも海外のサイトのメルマガ購読者に、南極の古代文明の残存者が発見されたなんて情報も流れていました。情報の真偽は不明なのでまだ不確定要素ではありますが、南極で何かが起こっているのでしょうか?

前述したスノーデンの発言に対しても、「デマだ」という人は少なからずいますが、どうなんでしょう?
過去にあれだけ穴の写真が撮られているのと、ヤンセン親子やバード少将の体験談、他にも地下世界の事は地域の伝承にも登場しているくらいですし、これだけのものがあれば、実際に地底世界は実在しており、そこに通じる穴も実在していると見る方が自然な気がしますが…。

重要な事ほど隠ぺいされるのは世の中の常ではありますが、いつかは一般市民にも本当の情報を開示してくれると嬉しいですよね。



    

ページのトップへ戻る
オカルトマニアクス 古代文明カテゴリ
オカルトマニアクス パワースポットカテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ