天皇陛下が自ら主権を握ることができた体制につきまして

旧大日本帝国軍におきましては、非常に有能な日本を代表する軍隊を天皇の一声で将軍を動かし、機能していたことを非常に誇りに思います。

統率力があった古き良き時代であったと思います。

軍人にしましても、実践で活躍する兵士については、非常に国民の英雄として、狩猟を行う男性としての価値が非常に高かったと思います。


日本軍が魅せた怒濤の進撃について

第二次世界大戦中で強大な軍事力を誇っていた軍隊の根幹を支えていた中枢はやはり天皇の主権である功績が大きかったと言えます。

天皇こそが神であり、その神である主権から発動される命令については、非常に価値の高い命令でありましたので当時の兵士としては士気が非常に高かったと思えます。

兵士一人一人の精神を支えていたのは、天皇であったと思います。

当時の軍国主義として輝いていた日本

当時、軍国主義として栄えていた日本では、戦争で勝利することこそが、日本国民の至福であり、貧しくても全員が勝利すると言う一つの目標に立ち向かいながら、進むことができた日本がありました。

日本の軍国主義は世界に対して非常に強靭なメッセージを発信していたと思います。

満州や様々なアジアの国々を救国するような形で、強固な日本を形成できていたと思います。


栄霊として崇められる当時の軍神について

今でもかつての怒濤の勢いであった日本の軍国主義を支えた当時の栄霊としまして、様々な軍人の方々が奉られています。

今の日本人の脆弱な精神ではなく国民一人一人が強い軍国主義である日本を愛し、一つになれていた時であると思います。

それを支えていたのは、各軍の総司令官であったと思います。



オカルトマニアックス 軍事カテゴリ
ページのトップへ戻る