心霊現象を否定出来ない根拠

心霊現象の存在及び否定

昔から心霊現象についてテレビや雑誌で嘘とねつ造の情報が多く取り上げられてきました。
放送作家を使って心霊写真、ビデオ、恐怖体験など様々な形で私たちを怖がらせてきました。
しかし、映像施術が進化した今現在では例え、心霊現象がはっきりと映った映像や写真でも「合成でしょ」「CGでしょ」と一蹴されることが多くなってしました。

また何があっても科学的に説明し、心霊の存在を一切認めない人もいます。

しかし私個人としては心霊現象に関しては信じています。

 理由は二つあります。

一つは心霊現象の文化の古さです。

心霊に関係した絵や話は遡ると江戸時代になり、見間違いなどはあれどこれほど長い期間心霊について語られることは見間違いや実際に存在していないとなるとあり得ないと感じます。

二つ目は、悪魔の証明です。

悪魔の証明とは世界中のありとあらゆるところをくまなく探さない限り、悪魔の存在を否定できないという、「ないものを否定できない」という理論です。

これは心霊にも当てはまり、心霊現象の起こった証拠は偽物も多数あれど、かなりの数あります。
しかし、心霊を否定する証拠は一切ないのが現状です。
この二つの理由から私は心霊現象を客観的に肯定することにしています。
また心霊現象を完全に否定すると多くの日本の文化もまったく意味のないものになるとも考えられます。






ページのトップへ戻る