予知夢で大事件の回避が出来る?

自分がまだ知らないことを夢で見て、その後現実で目の当たりにする現象は予知夢と呼ばれているものだ。
この予知夢は、意外と日常で体験している人も多いのだが、気づいている人は少ないものである。

例えば、デジャブ(既視感)である。
自分が初めて来た土地なのに、その風景に見覚えがあったり、少し歩いたら文房具店があるなど事前に知らないこと知っているということを体験した人もいるのではないだろうか。

このようなデジャブの現象は、実は予知夢によってあらかじめ自分が行く場所のことを知っていたことに由来する場合もあるのだ。

そもそも予知夢とはなにか?簡単に解説

予知夢とは、人間に備わった超能力の一種で、夢の中で神から災厄の啓示を受け、それが現実の災厄であることを予見する能力である。
寝るときに見る夢は、人間の精神がアストラル世界にアクセスし、アカシックレコードの知識を介して、今を生きる現実の不幸を知り、それを回避するための優れた機能である。

また、夢で見た幸福は、将来の現実であるという場合もあり、普通の日常の光景も、未来の現実として予見する事が出来る予知夢もある。

つまり、アストラル世界には、時間という概念がなく、全てが一つの現象として完結しているという畏れ多い異次元の世界であり、人間の感覚では認知出来にくいものである。

リンカーンの場合

この予知夢は歴史上の有名な人物、アブラハム・リンカーンにも逸話が残されている。
リンカーンは暗殺される2週間ほど前に、「誰かの葬式の夢をみた」とホワイトハウスで語っているのだ。
そして、その夢の中でさらに「誰が死んだのか」と人に問いかけると「アメリカ大統領だ」という回答を聞いたという。
これはまさに自分が死ぬことを2週間も前に予知夢したことになるのではないだろうか。

一説では、予知夢は、人間が未来のことを知る本能的な隠された能力があることを裏付けるものだと語られている。
それが本当ならば、人間はまだその能力に目覚めておらず、たまたまその能力が夢の中で一時的に覚醒している段階なのかもしれないのだ。





ページのトップへ戻る