日本には古来から様々な妖怪が存在しています。

妖怪は時にはUMAの一種とも言われていますが、その正体は今現在も謎に包まれています。

その妖怪(UMA)ですが、その目撃は現在よりも過去の方が圧倒的に多いです。

今から紹介するのは、かの有名な徳川家康公の前に現れたとされる、とあるUMAのお話です。

徳川家康の前に現れた正体不明のUMA、「肉人」

このUMAは、江戸時代に秦鼎(はなかなえ)という学者が執筆した、「一宵話」という随筆(随筆というのは作者の体験、聞き及んだ出来事をまとめた文章作品の事です)に登場するUMAです。

その一宵話によると、肉人が徳川家康の前に現れたのは慶長14年(1609年)4月4日の事です。

この時の一宵話の文章を現代語に訳して記述します。

徳川家康が駿府城にいる時の話である。ある日の朝、城の庭に子供のような形の肉塊、「肉人」とでもいうべきものが立っていた。手に指はなく、指のないその手で空を指して立っていた。
見る人は驚き、「変な物がいる」と騒いだが、どうしていいか分からず、御庭が大騒ぎになったので家康の耳に入れ、「いかが取り計らいましょうか?」と伺ったところ、「人気の無い場所に追い払ってしまえ」と命ぜられた。
そこで城から離れた小山の方へ追い払った。
ある人はこれを聞いて、「いやはや惜しい事をしたものだ。周りの人が無知なせいで、貴重な仙薬を家康様に献上できなかった。あの肉人は「白沢図」に載っている「封」というものだ。その肉を食べれば多力になり、武勇も大いに増す事になったものを…」と惜しがった。

以上です。

怪異の目撃談は昔からありますが、こういった家康のような有名人が出てくる書物に描かれるのは珍しい事です。

しかも一人ではなく大勢の人物が目撃しているわけですから信憑性も高いです。

さて、先程の文章の中に気になるワードがありました。それは「封」です。いったい封とは何なのか?

これについても調べてみましたのでご説明したいと思います。


古代の帝も探し回った神秘の生物

古来より中国では不老不死を求める人物が数多くいました。

有名なところでいうと「始皇帝」です。始皇帝の不老不死の仙薬探しは歴史好きな人の間では有名な話ですが、そんな古代の中国の帝が探していた仙薬の中に、この「封」も含まれていました。

この封の肉を食べると不老不死をもたらせてくれると信じられており、始皇帝以外にも多くの人物がこぞって探していたと言われています。仙薬というよりは神秘の生物と言った方が適切ですね。

呼び名は「封」以外にもたくさんあり、「太歳」や「視肉」とも呼ばれています。

ちなみにこの「封」、現代でも実在しており、「肉霊芝」という粘菌を指しています。
食べても実際に不老不死を得られるわけではないのが残念ですが、その奇妙な外見から何かしらの効果をもたらせてくれると古代の人々が思ったとしても、何ら不思議ではないですね。


肉人に似ているとされる妖怪

前述の事から封とは無関係なのは間違いないですが、この肉人はある妖怪に特徴が似ているとされています。
その妖怪とは「ぬっぺふほふ」。
いわゆる「のっぺらぼう」の一種とされる妖怪です。
ぬっぺふほふが描かれている絵巻にその姿が描かれていますが、その姿は、顔と身体の区別がつかない一頭身の肉の塊のような形をしています。

外見だけ見ると肉人によく似ていると思います。
ただ、この「ぬっぺふほふ」は「腐敗した肉臭を漂わせる」という言い伝えがあります。
肉人は大勢の人が目撃していますが、臭いに関する証言はないです。
もし臭いがあればその事に関する記述もあるでしょうから、無臭だったと思われます。
たまたま臭いを出さない個体だったのかは分かりませんが、外見は非常によく似ているので、肉人=ぬっぺふほふと考えている人は多いようです。



妖怪以外の説

妖怪以外にも肉人は宇宙人の連れてきたUMA、またはこの肉人自体が宇宙人で、「グレイのようにUFOに乗って地球にやってきた」という説を唱えているUFO研究家もいます。

江戸時代には、「虚舟(うつろぶね)」という小型の宇宙船に乗った宇宙人のような人物も登場していますので、地球外生命体という意味では間違ってはいないのかもしれません。

一宵話を見る限りでは肉人に知性は感じられないので、個人的には宇宙人の連れてきたUMAという説がぴったりくるような気がします。



現代の目撃情報などに関して

2018年、奥多摩の山中で未確認動物の目撃談がありました。
手が長く、身体中に小さな毛が生えていたとの情報もあり一宵話に出てくる肉人とは容姿に違いはありますが、一部の人の間では、「肉人にも関係あるのでは?」と噂されています。
奥多摩は東京都、一宵話の肉人が出てきた駿府城は現在の静岡県。
距離は離れてはいますが、時代が変わるにつれて肉人も住むエリアを変えてきたと考えれば、この奥多摩のUMAが肉人である可能性もまんざら否定はできないと思います。

人々の目から逃れるために山中に身を隠しているとするならば、他の地域でも目撃されるかもしれませんね。

江戸時代から目撃されている肉人。その正体が現代で判明されるのなら、UMAファンにとっては物凄く嬉しい事です!


この奥多摩のUMAの動きに、今後、注目していきたいと思っています。




オカルトマニアックス 人物カテゴリ
オカルトマニアックス UMAカテゴリ
ページのトップへ戻る