この話はパラレルワールドの世界のお話です

日本を守ってくれるB29

アメリカと日本は、契約を結んでいるので、日本にどこかしら爆撃をされたら、アメリカで製造された核兵器搭載戦略爆撃機が出動されることになっております。
第二次世界大戦の時に日本に爆撃されたことをご存知の方もいらっしゃるかと思います。
日本は核兵器を作らないことが法律で決まったことから、アメリカに守ってもらうしかないのです。

日本軍のレーダーは、アメリカの爆撃機B29をとらえることができない

当時の日本の陸軍と空軍と海軍は、常に上空に飛んでいる他国の飛行機をレーダーで感知することができるので、早めに対策をすることができるのです。
しかし、まだまだ性能的に低いので、アメリカの爆撃機B29をレーダーに表示されることはないという、素晴らしステルス能力を持ってます。
レーダーの性能を上げないと、今後一方的な軍事戦争が起きないということは無いとは言い切れないのです。

アメリカの爆撃機B29がある限り日本軍は絶対に勝てない

日本での爆撃機とアメリカのB29と比較をすると、まだまだアメリカ軍の爆撃機に勝つことはできないです。
大馬力があり高い燃焼効率の高いエンジンを積むことができており高度な素材技術によって、爆撃機B-29を完成させることが出来たのです。
日本軍が積むことが出来る爆弾はアメリカには程遠いのです。



日本の領土に墜落したB29を映像で見ると・・・

B29が日本の領土に墜落をした所が映像で見ることが出来るのですが、昔の戦争はすごかったように思います。
昔の戦争のことを祖夫から聞いたとがあるのですが、映像になっているものがあることが、とても信じられないです。



オカルトマニアックス 軍事カテゴリ
ページのトップへ戻る