二等兵はよく虐められる

映画でも二等兵は古年兵(上等兵)によく虐められるとなっています。

では現在ではどうなのか?という事で、今と昔どう違うのか?という事です。

現在も二等兵つまり新兵(教育機関)は、どの部隊でも同様です。

教育機関は二等兵でも行われますし、曹でも同じのようです。

この問題は重要で、自衛官の規律が無くなり、人手不足に拍車をかける事態になっており、日本の安全保障さえも脅かす可能性があります。

とにかく、新参者と学生は虐められるのが定番のようです。

階級はどうなっているのか?

38式歩兵銃様。

あなたさまをと捧げ銃をずっとさせられ続け、筋肉疲労をずっと我慢させられる。

実は読売新聞の渡辺オーナーも同様の事をさせられたような、そんな話を聞いたことがあります。

映画ででてくるこうした事を命令する、古年兵とはいわゆる上等兵です。

現在で言うと士長にあたると思われます。

しかし現在の教育では、士では教育をしません。

分隊の中で現在は教育させられる

現在は二等兵の場合2曹3曹が教育します。

俗にいう”班長”がその任務になります。

ここに分隊長や分隊士が存在し、一つの分隊となって教育連隊となっています。

ここが昔の旧帝国軍とちょっと違うところではないでしょうか?

一応旧帝国海軍の伝統は、現在でも日本の海上自衛隊でも受け継がれてはいるのですが、昔とやはりちょっと環境は変わっているようです。




伍長とは

伍長というのをよく耳にしますが、旧日本軍でもありますが、これは現在の3曹にあたります。

下士官の最下位にあたる階級で、やはり班長がこの階級です。

現在の三曹には試験が存在しますが、下士官適任証書が昔もあったようですね。


ここに日本軍の反撃の狼煙が上がったのです。




オカルトマニアックス 軍事カテゴリ
ページのトップへ戻る