ハイアラーキーが世の中に出る

ハイアラーキーという存在が出てくる

スピリチュアルな世界には、天使とかマスターというスピリチュアルな存在が語られている。


その存在が実際に、ヒマラヤの奥地や、キリスト教の総本山の中にいると言われている。
実際に肉体を持って存在しているのがハイアラーキーだ。
彼らハイアラーキーは、何千年もの間生きていて、社会の背後から人類をサポートしてきた。


古代の4大文明や、産業革命など何か新しい変化が起きるときには、ハイアラーキーが支援をしてきている。
しかし、スピリチュアルな世界では、これからスピリチュアルな時代になり、彼らが表に出てくるというのである。


彼らから、人類は直接指導を受けることができるのだ。

スピリチュアルな時代

これからはスピリチュアルな時代に入ると言われている。
2012年のマヤカレンダーの終わり、新しい始まりからも新しい時代に入っているという話もある。
そして、つい最近の2020年12月22日に起きた木星と土星のグレートコンジャンクションが200年に1回の変化で風の星座の場所で起こるという。


2020年12月22日からこれまでの土の特性から風の特性に時代が変わるというものです。
これまでは、地の特性だったので、お金とか名誉とか、物質的なものに興味を持つ時代だったのですが、これからは風の時代になり、精神的なもの、情報、コミュニケーション、スピリチュアルなものに興味が出てくるという。
風なので、動きがあり、住むところも一か所ではなく複数に及ぶ人も出てくるという。



風の時代の生活様式

風の時代は、本当に新しい社会が出てくるという。
明治維新くらいの変化が世界規模で起きてくるのだという。
一つのキーワードが情報である。


情報通信やITについては、既に広まっているが、その進歩がさらに大きなものになるという。
風の時代に入り、初めのニュースとしては5Gに特化した携帯の安価な料金プランである。
これからもっと安価に情報通信をつかうことができるようになってくるだろう。
そして、今、想像していないような新しい情報技術が出てくるだろう。


また、不動産についても新しい流れが入ってきそうだ。不動産はこれまで、所有するものという概念だったが、風の時代はシェアするという感覚に変わってくる。
不動産に関しても複数の人でシェアするというものが出てくるだろう。

新しい時代に新しい教師が

そのような風の時代に入り、スピリチュアルな世界がやってくるのかもしれない。
そこで、スピリチュアルな世界で語られているハイアラーキーの存在達が本当に、人類の前にやってきて、指導してくれるかもしれない。


テレビの前やYouTubeなどで天使やマスターが何かを語り、教えてくれるかもしれない。
人間は、どんな人でもせいぜい何十年という体験の中かからしか教えてもらえないですが、ハイアラーキーであれば、何千年もの知恵を持っています。


そのような存在から教えてもらうことができたら、人類は、とても進化をするのではないか。


そして新しい時代に入ると、スピリチュアルな学校というものも広まってくるのではないか。
すでに、2001年に秘教が伝えれるミステリースクールというものが、公開されている。



    

ページのトップへ戻る
ハイアラーキー時代のスピリチュアルと理想郷
オカルトマニアクス 都市伝説カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ