人間の本当の寿命

人間の死というものはそもそも定義することができない。 医学的には、心配の停止、瞳孔が開いた状態を保って死亡と判断するが、死んだ人間でさえも細胞レベルでは生きている状態である。 そのため死亡の判断というのは、厳密には境界線が難しいものである。 そして、科学的に霊魂や幽霊の存在は、証明のしようがないため、その存在をどのように定義するかさえも人間には不可能なのである。 そう言った意味で、本当に人間の一生の寿命がどの程度なのかは、哲学的に考えると医学的な見地から見た寿命とはちょっとニュアンスが違うのである。




生きる意味はどこで分かるか。

亡くなった方が死んだ状態で、幽霊となって自分の家に戻るという現象がある。
寿命や病気により亡くなってしまう方には何故か起こらない現象だが、思いもよらずあの世に行く様な病気の場合や突然の事故で亡くなってしまうとまだ自分が生きていると思い、この様な事が起こりやすくなる。
実際に体験した経験では、病院先で亡くなった後で家に戻って来ている姿を見かける事が多いので、同じ体験がある方もいるはずだ。

魂だけが生きている?

身体は医師が判断した通り亡くなっていても、突然だったりした時や死ぬ理由が分からないままだと、まだその事が本人に認識されずに、魂だけがこの世に残ってしまうので、思わず実家に魂が戻ってしまうという事が起こってしまう場合がある。


姿が見える場合以外では、誰もいないはずの本人の部屋から物音が起きたりいつの間にか魂が普段の生活を送ろうとしてしまうのだ。



体重が20kgにもなると危険?

人が死んでしまう時に、なぜか体重が減るという現象が普通に病院で確認されている。
身長と体重を比例して捉えがちだが、実際に医師が判断する基準では女性の場合は約20kg前後であり、それほどまでに体重減少が起こるには他の要因もある事が多いのだ。
その為、定期的に診察をしている場合は良くても、金銭的な理由で定期的な医師による診察を行っていない場合は、むやみに自己判断はしてはならない。


やはり人間というのは、魂にも質量があるのかもしれない。

体重と死因の関係

人生100年時代と言われる様になって久しいが、痩せている方が長生きであるとも言い切れず、体重が直接体力に関係しているとは言い難いのだ。
その為、急激な体重の変化には気を付ける必要があり、それは必ずしも死因に関係していないものでもある。
なので急激な体重の激減には、気を付けた方がいいと思う。



    

ページのトップへ戻る
韓国人の彼氏が火病だったので、社会の理解と支えが必要だと思った
最新の平均寿命と健康寿命の実態
オカルトマニアクス 超常現象カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ