お寺や霊園にある墓地の利用

お寺と霊園の使い方の違い

家族が亡くなると遺骨をお墓に納めることになるが、一昔前まではお寺にお墓を造ることが常識となっていた。


ただ、最近は都心の寺に空きスペースが無くなってきていることなどから、自治体や財団法人などが運営する霊園にお墓を作る人が急増している。
お寺と霊園の大きな違いとして、お寺にお墓を造ることはそのお寺の檀家になることを意味しているが、霊園には基本的に宗教的な制約の無いことが挙げられる。
そのため、お寺に納骨した場合は檀家の一員として、お寺の行事への参加や手伝いの他、寄付金を求められることがある。
一方、霊園の場合は宗教が全く関係ないため、檀家制度自体が存在しない。

公営霊園と民営霊園

霊園
霊園には大きく分けて、自治体の運営する公営霊園と財団法人や宗教法人などが運営する民営霊園がある。
公営霊園の特徴としては、民営霊園に比べて永代使用料や年間管理費が安いこと、また石材店も自由に選べることなどが挙げられる。
ただし、自治体が運営しているだけに、公平という観点から墓地の販売においては抽選方式を採用しているのが一般的だ。
従って、必ず墓地を購入できるとは限らない。


特に、公営霊園は費用が安いだけに希望者が多く、当選する確率が非常に低くなっている。
なお、墓地の募集は通常、年に1回になっているため、抽選に外れると翌年まで待たなければならない。
さらに、各自治体の管轄内に居住している人だけが対象とされる。
民営霊園の場合は当然、居住地の制約がなく、またいつでも購入できる。 ただし、公営霊園に比べて費用が高めになっており、また石材店は霊園と提携している業者に限定される。




墓地の利用

墓地
墓地というのは家の土地のような所有権とは違い、永代使用権になっている。
従って、他人に売却したり、貸与したりすることはできない。
また、墓地を維持するための管理費を毎年支払う必要がある。
この永代使用権は子どもなど、墓の承継者がいる間は常に保有できる。
ただ、承継者がいなくなったり、管理費を納めなかったりした場合は、永代使用権は抹消される。
遺骨は無縁仏に移され、墓地は解体されることになる。


なお近年は、少子化や未婚化が進んだことで、墓の承継者がいなくなるケースが増えてきたため、新たな墓の形態としてできたのが「永代供養墓」である。
これは従来の墓とは違い、永代使用権を購入するのではなく、最初から合同の永代供養墓に入ることを前提としている。
霊園で一定期間(三十三回忌など)供養してもらった後、無縁仏に移される。
なお、永代供養墓では管理料を取られない。

納骨堂の利用

納骨堂
納骨堂は室内墓とも呼ばれているように、遺骨が建物の中に保管されている。
そのため、天候を気にせずにお参りすることができる。
一昔前までの納骨堂はお墓ができていないなど、何らかの事情でお墓に入れない遺骨を預かるところであった。
そのためか、納骨堂は物置やロッカーのような造りになっていることが多く、供養するというイメージが無かった。


ところが、近年は少子化や核家族化が進行したため、お墓を守る承継者のいなくなる家庭が増えている。
その結果、お墓を建てることが無駄だと考える家庭が増加した。


そこで、近年の納骨堂は単なる遺骨の保管場所ではなく、納骨堂が永代供養のための建物に変わってきており、非常に綺麗で立派なものが多くなっている。
将来、お墓に入るのではなく、納骨堂に入るという考え方が一般化してきている。



    





ページのトップへ戻る
創価学会の墓の特徴について解説
茨城県古河公方公園の歴史
オカルトマニアクス 宗教カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ