創価企業をどうやって見分けるのか?

創価学会という宗教法人はただ単に創価学会単体で存在しているわけではない。
創価学会という巨大組織を運営していく上では、 多くのお金はマンパワーそれから多くの企業の支援がなければ存在できないのである。
ということで、創価学会に深く関係する会社のことを創価企業といい、その会社は創価企業はなのかを見分けるということは、社会を知る上で重要である。

一般的に創価学会系の企業といえばダイソーが有名である。
ダイソーというのは一般的には大きく作ると言うことになっているが、本当は池田大作と創価学会を組み合わせてダイソーである。
このように、 創価学会の影響を受けた企業の一覧表というものは、既にインターネットに上がっているが、一般的な見分け方を考えるなら、まずは、本社が信濃町に近いということがまず一点である。
創価企業は創価学会の仕事をしており、創価学会の指令で動いているため信濃町から本社が近い方が創価学会の指示が受けやすい。
そのため堂々と本社を信濃町においているのである。
それから、中小企業や個人経営の店の中には、 店の看板を仰々しく赤と黄色と青の三色旗カラーのデザインで制作しているところがあるが、そういう場合は創価企業である可能性が高い。
現実に中小企業の店舗の一部を、公明党の議員の連絡所になっている場合もある。
それから、 公明党のポスターが堂々と張られている場合は創価企業である場合もあるし、勤めている従業員さんが熱心な創価学会の会員であり店に公明党のポスターを貼らせてくれと言われている場合もある。
現実に公明党のポスターを貼ってあったユースビオという会社は、公明党の議員に寄付をしておりアベノマスクのマスク調達の仕事を政府から請け負っている。
マスク調達の実績はないが、1億以上もの政府の支出がアベノマスクの調達のためにユースビオに支払われており、利権でないのかという指摘がツイッター上でされている。



創価学会が影響を与える様々なジャンルの話

世界の歴史というものは、様々な宗教が深く関わっているのである。
大陸やヨーロッパでは仏教やキリスト教が人々にとっての精神的な大きな支えである。
創価学会の歴史を振り返ればその影響は免れない。
創価学会による社会的な影響が強いと感じてしまう場面も日常ではっきりしているのだ。
実際に有名人らも創価学会に関わっている人物が非常に多いのである。
創価学会に入信している芸能活動をしている人は、 一般の芸能活動をしている人よりも少しではあるが仕事がもらいやすいという傾向にある。
もちろん本人の能力もあるが、これは創価学会が電通やメディアと癒着しているという現実である。
創価学会の信仰や宗教は個人のもので他人は口を出すものではない。

そして、私たちが分かるのは創価学会が衰退しているとは言っても今でも強い権力と社会への影響を持っていることである。
その影響が芸能界や音楽界に及んでいるのだから圧巻である。
また近年では、実際に学会活動をしていない創価学会の学会員の数が極めて多いことが分かっている。
例えばこの国では創価学会の人が15%以上に到達しているというのだ。

要は日本社会においても信仰や宗教が政治や経済で多くの影響を与えている結果の表れである。
実際に音楽関係の人も創価学会に入っているという話は多いものだ。
実際に創価学会員であるミュージシャンやアーティストに言わせれば、特に強力な信仰が必要であると言われている。
なぜなら、そういう哲学や自然観に裏打ちされた熱狂的な気持ちが創作にも関わっているからだと言う。




    

ページのトップへ戻る
創価学会とは何か?
オカルトマニアクス 宗教カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ