祖父の体験談からB29のこと

筆者が物心ついた小学生の高学年の頃に祖父に聞いた話になりますが、日本が太平洋戦争(大東亜戦争とも言うらしい)で、当時の終戦間際の頃に大東京を火の海にしたのはアメリカ軍の爆撃機であるB29であったと言っていた。

祖父はこの頃には「満州」(現在の中国東北部)というところにいて、所謂、鉄道会社の社宅にいたらしいのだ。 

満州にもB29の影響


其の満州にも戦争の影響が次第に濃くなってきて時折、空襲を受けることもあり、個々の家々は灯火管制などで部屋を暗くしていたしていという。 

兎に角、満州を含めた本土では戦争という本土攻撃も激しくなっていて、非常時の時に備えて用具や防空のための頭巾などが手元に揃えていたという。

そんな時期に、或る日のこと突然に警戒警報がだされ、そして愈々飛行機による空襲警報が発令されたのだ。 

B29による直撃弾

祖父たちは当時としては珍しい鉄筋コンクリートの3階建ての社宅に住んでいたが、此のときは遂に地下室の防空壕の施設に待避するようになったのだ。

そんな地下壕で避難待機している時、ブーン、ズシーンという地鳴りのような音が聞こえてきて、其れはアメリカ軍の編隊爆撃機B29による空襲であったのです。 

その時、突然に物凄い音が響き渡り地下壕が振動し、「直撃弾が当たったかも知れない」と皆が言っていたのだ。


満州のソ連侵攻と引揚者

空襲警報が解けて外へ出ると、真向かいの商店街にあった床屋さんの横に大きな穴があって、床屋が其の穴に落ちそうになっていたらしいのですし、其れは大型爆弾の直撃だったのです。

それから後は、暫くの間は何事もなかったようですが、突然に「ソ連軍が満州に攻めてきたらしい」といって社宅の人全員に退避を呼びかけ、祖父達は取るものんも取り敢えず、満鉄の駅(今の瀋陽で当時は奉天と言ってたらしい)まで誘導し、その後は奉天駅から朝鮮半島を経て釜山(ふざん)へ至り、船で京都の舞鶴に引き上げてきたということである。


オカルトマニアックス 軍事カテゴリ
ページのトップへ戻る