アトランティス文明

アトランティス文明とは伝説上の広大な島であるアトランティス島に栄えた超古代文明の一つである。
現在ではアトランティス文明は、崩壊しており、自然の脅威によって島ごと海の底に沈んでいると言われている。
自然の脅威とは、 地球上の文明が浄化されるほどの大洪水のことである。
大洪水のせいで、数々の繁栄した古代文明は終焉を迎えたとされている。

» 古代の文明を滅ぼした大洪水についてはこちら

他にも自然の脅威である大洪水によって、 海底に沈められた古代の文明としては、レムリア文明とムー文明がある。
ちなみに、海の底に沈んだアトランティス文明が存在した島の場所だが、地中海の入り口の向こう側の大西洋上にあったとされているが、プラトンやナチスの見解ではエーゲ海に存在していると言われており、 どこにアトランティス大陸があったのかさえもはっきりとしていない。

そのためアトランティス文明の存在は、いまだかつて不明であり、地中海にある遺跡もアトランティスの痕跡であると言われている。
しかしその割には、遺跡の残骸から見る文明のレベルが低いので、おそらくはその説は間違ってると言われている。
それぐらい、アトランティスの住民は高度な科学文明を有しており、繁栄の末に物質主義によってアトランティス人は堕落していき、権威であった大きなポセイドンの末裔だと言われていたが実際には堕落した醜い人間になっていたようである。

超古代文明アトランティスの真実!?

超古代文明とは、四大文明が成立したとされる紀元前4000年頃よりも前に存在したとされる文明である。
不明なことが多いものの、現代文明よりも進んだ文明とされる。
よく知られているところではアトランティスがある。
アトランティスは、プラトンが著書『ティマイオス』や『クリティアス』の中で記している。

» アトランティス文明についてもプラトンの見解はこちら

そこに語られているところによると、アトランティスは、ジブラルタル海峡のすぐ外側に存在した。

巨大な島で、資源が豊富だった。
必要な物資は、ほとんど全て島で補うことができた。
畑は実り豊かで、畜産も盛んだった。そこにある帝国は豊かで、強い軍事力を有していた。
84万人の兵と1万台の戦車を持ち、軍艦も1200隻あった。
軍艦に乗る乗務員として24万人を動員することができた。
王家はポセイドンの末裔だったが、人間と混じるにつれて堕落していき、領土の拡大に明け暮れた。
アトランティスは、アテナイとの戦いに敗れ、その直後に海中に沈んだ。
神々の罰であるという。

アトランティスのマーメイド

古代アトランティスについてはあまり知られていません。
特にここ日本ではほとんど知られていません。
アトランティスについて知ったきっかけは、オラクルカードをしていてオラクルカードの作者であるドリーンバーチューさんの書籍を読んだのがきっかけです。
 古代アトランティスが沈んで無くなってしまったとき、そこに住んでいたひとたちは海に住むことに決め、人魚となったこと。
古代アトランティスはインドネシア沖からバリ島の中心にまで伸びておりオーストラリアとも繋がっていたこと。
 アトランティスについてはいろんな記述が残っています。
温水と冷水の湧水がある円形の島であり、現在のサントリーニ島とぴったり符号します。

 ある日サントリーニ島でドリーンバーチューは前世への退行催眠をやってみました。催眠状態になったドリーンが見たものは、まず暗い褐色の長い髪をした若い女性の自分の姿でした。

癒しの神殿に仕える数人の女性神官の一人のようです。
 ドリーンの退行催眠は続きます。
そこには知られざる古代アトランティスの謎が煌めいていました。




    

ページのトップへ戻る
なぜ、超古代文明が栄えて滅びたのか?その背後には宇宙人の存在が!?
オカルトマニアクス 古代文明カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ