レプテリアン 地球を我が物しようと狙っている

レプテリアンとは

一般に、レプテリアンとは「ヒト型爬虫類」と訳され、地球人に混ざって、或いは地下で暮らしていると言います。
人間のレプテリアンは、自分がレプテリアンであることを隠して、一般社会に溶け込んでいます。
人型爬虫類と言われるだけあり、その皮膚や、特に目に特徴があるので、周りの人達や有名人をよく見ると、「あ、この人はレプテリアンかもしれない」ということがわかります。

と言っても、あまり人をジロジロ見たり、この人はレプテリアンだと、勝手に決めつけないようにしましょう。

レプテリアンはいつからいるのか

これについては諸説あります。
ヒト型爬虫類と言っても、その中でもトカゲに似ているのがレプテリアンです。
その為、恐竜時代からの生き残り説、他の星から地球へやってきた説、地球の地下でずっと暮らしてきた説、と色々で、確立した説はありません。




レプテリアンの特徴

ヒト型レプテリアンの特徴は、何といってもその「目」です。
爬虫類独特の目の中の虹彩が、縦に近いのです。
恐竜物の映画で、恐竜の目がアップになると、その眼の中の虹彩は縦になっていますね。

また、血圧か体温が低いのか、青白い肌をしているようです。

レプテリアンが地球にいる目的

レプテリアンの目的は、地球を乗っ取り、自分達の思い通りの世界を作ることだと言います。
これは、よくイルミナティやフリーメイソンが、「新世界秩序」を自分達で創り出したい、とされているのと同じです。
ただ、レプテリアンの場合は、人間同士を闘わせたり、DNAを変化させて人間としての格を落としたり、と決して友好的な相手ではないようです。

しかも、人間がお互いへの思い遣りを忘れたり、お金儲けの為に何でもする、といったマイナスのエネルギーを持つこともレプテリアンのエサとなるようです。

最後に

レプテリアン達は、人間にとっては好ましい相手ではありません。
レプテリアン達に乗っ取られ、この地球を冷酷なものにしない為にも、普段から自分の行動が正しいかを考え、人間らしさ、他人への愛情を忘れずに生きていきましょう。

» その他の地球と関係する宇宙人リスト



    

ページのトップへ戻る
オカルトマニアクス 宇宙カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ