涼宮ハルヒの躁鬱ネタバレ

涼宮ハルヒの躁鬱とは、涼宮ハルヒシリーズのスピンオフ作品である。

涼宮ハルヒの躁鬱は未来人でありながら未来人の組織を裏切った朝比奈さんを守るため、涼宮ハルヒが組織を裏切った朝比奈さんを抹殺しようとするに未来人と戦うという作品である。

この作品の特徴は、涼宮ハルヒシリーズでは考えられない、無茶苦茶な展開となっており、最終的に朝比奈さんが 涼宮ハルヒを裏切ってちゃんと未来に言ってしまうという展開である。
その結果、涼宮ハルヒは一つの並行世界を滅ぼしてしまうという大胆な展開となっており、 公式のライトノベルよりも物語の構成がしっかりとしていて伏線の回収が面白いことになっている。
この存在が表に出るとさすがに角川も涼宮ハルヒブランドが毀損されると思い全力で作品の配布を阻止したと言われている。

未来人は意外といるのだ

未来人は名前の通り未来から来た人間だ。
結構世界的にこの人は未来から来た人なんではないだろうかというような人が写真に写っていたりすることがある。
その時代にそぐわない格好をしている人とか異常な知識を披露していた人とかがそうした人なのではないかと言われているのだ。
最近では禁則事項を破りインターネット上に自分は未来人であるという主張をして書き込みをするという人も出てきていて、それはどのように未来人であるということを主張するのかといえば未来のことをそこで予知するのである。
つまりは、今後、こうしたことが起きるだろう、という書き込みなどがあったりするわけだ。それで未来人である、という主張をしているわけだ。
ちなみに、未来人がネタバレすることは禁足事項であり、組織に対する裏切りでもある。
それをどう受け取るのかは個人個人の考え方次第である。



宇宙人は、実は未来人なのだ

未来人の姿を想像していくと、宇宙人っぽくになってしまうのだ。
漫画に出てくるような三角顔の目が大きく、体が小さい宇宙人を想像してほしい。
まずは、すでに新人類は歯が少ない人もいるのだ。
長門はそう見えないかもしれないが、あくまでも偽装であり、真の姿は歯が減ると顎の形がシャープになってくる。
また、頭髪なども必要なようで必要でない。
紫外線から守ったりする意味があるのかもしれないが、乗り物から地下街の移動など外との接触が少なくなってくる。
色白になり頭髪などもなくなってくるので現代人のような姿を偽装している。
PCなどの進化でそれを見る眼球や目も進化してくると大きくなてくる。
また乗り物を考えると大きな人間よりも小さな人間の方が運搬エネルギーなども必要ないので、無意識に小型化されてくる。
ずっとダイエットブームであるように、痩せた人間を目指しながら次第に小型化されていくのだ。
すると、最初に言った漫画に出てくる宇宙人のような容姿になってくる。
未来から現世を管理しにやってくる未来人なのだ。
宇宙人は、未来から来た人なのだ。

未来人は完全防具服姿だ!

私が考える未来人は全員が宇宙服の様な防具を身に付けているのだ。
なぜなら、アレルギー体質の人の割合が100%になったからである。
現代人は肉を食すのが好きであり、魚をたべなくなった為、動物性脂肪が増えていたのだ。
また、地球温暖化も悪化し、海水の温度が上昇した為、全ての魚は絶滅に至った。
自然と肉を食す文化が加速し、人々の体質がどんどん変化していって、遂には全員がアレルギー体質になったのだ。
謎のウイルスが世界中に広まり、自分で身を守る事を知った人々は自然と自分を守る事に敏感だ。
その為、ハウスダストでもアレルギー症状が出てしまう人は自分で身を守る手段として宇宙防具服を見つけたのである。
アレルゲン物質もウイルスからも守れる宇宙服はこれからの未来に必要なのかもしれない。



    

ページのトップへ戻る
  • 未来人と宇宙人に固執したハルヒの悲惨な末路
  • 宇宙人や未来人、異世界人や超能力者から身を守る方法
    オカルトマニアクス 未来人カテゴリ
    オカルトマニアクス TOPページ