池田大作とは何か?

池田大作とは創価学会をまとめるトップである。
元々池田大作の家は、朝鮮から日本に働きに来ていた在日朝鮮系の家系であり、池田大作の朝鮮名はソン・テジャクである。
以前はウィキペディアにも池田大作の朝鮮名が掲載されていたが、不都合な事実として修正されたようである。
池田大作は社会的には宗教家として、日本の政界や財界のみならず、国連や国際金融資本集団、中国共産党にもパイプがあり、 国際金融資本系のハーバード大学や、中国共産党系の精華大学などからも表彰を受けている。

基本的な思想

» 池田大作が大きな影響を与える創価学会員の思想についてはこちら

池田思想とは

池田大作の思想については、中国では池田思想と言われている。

これは孔子や孟子のように、中国社会をいかにして文化的な社会にするかという問題に対して、様々な思想家が様々な見解を出しているように、思想家として池田大作の名前が中国共産党でも知られている。

池田大作の平和主義について

池田大作は平和主義の思想であると世の中から認識されている。
しかし現実には、間違った日本の歴史観に基づいた反日思想であり、 このことが原因で池田大作の弟子を名乗る公明党議員らが、 一切の良心の呵責もなく善意で反日教育を推進しているという結果になってしまっている。
その結果子供達は、 日本に対する誇りと愛国心をなくし、いじめや学力低下の原因となっている。



池田大作の著書

池田大作は、文筆家として様々な本を執筆している。
池田大作の代表作といえば、 自身の人生を描いた小説である人間革命と新人間革命である。

人間革命及び新人間革命の登場人物である、山本伸一とは池田大作のことであり、 人間革命シリーズは山本伸一の人生を描く中で、創価学会がどのように成立して言ったのかを表現している。
その他にも多くの本を出版しているが、池田大作の本の顧客は主に創価学会員であり、そこから入ってくる巨額な印税は宗教活動のために寄付をしたと公言している。
しかし、 池田大作の資産についてはアメリカのプライベートバンクに保存されており、この巨額な子さんを巡り、現在の党執行部と池田大作の息子である池田博正との間で遺産の相続をめぐる駆け引きが行われている最中である。

池田大作の人生

池田大作の若い時

元々 、池田大作は創価学会に入る前は、戦後の混乱期に朝鮮系の高利貸しの街金業者として、日本人にお金を貸していた。
池田大作は元々は創価学会員の家庭で生まれたのではなく、戸田城聖の講話を聞いて、数日後に創価学会に入信した。
その後戸田城聖の下で働く中で、戸田城聖の後継の弟子として創価学会の会長池田大作32歳の時にに上り詰める。
実は戸田城聖には他にも様々な弟子がいて、他にも矢島周平という後継候補がいた。
結局のところ、創価学会の次期会長を巡り池田大作と矢島周平は権力闘争になり、 その結果創価学会の次期会長は池田大作となってしまった経緯がある。

池田大作が創価学会の会長に就任しててから

池田大作が創価学会の会長に就任したのは32歳の時であるが、当時の創価学会は、創価学会という団体の組織ではなく、日蓮正宗大石寺派の勉強会という位置付けであった。
当時の創価学会は、50万人規模の新興宗教組織であったが、その後最大で827世帯まで拡大した。

そのため社会現象となり 、創価学会に対しての世間の注目が集まり、乙骨正生などの著名な宗教学者による創価学会の研究がなされて行き、徐々に創価学会の本質が白日のもとにさらされるのであった。
現在では、名簿上の人数と実際に活動している人の人数では大きな隔たりがあり、創価学会の規模と実態について不透明な状況となっている。



日蓮正宗大石寺派との決別

創価学会執行部の力が強くなると、それを危険視する日蓮正宗大石寺の僧侶と創価学会執行部との間に様々な亀裂が生じ、創価学会利権を絡む権力闘争へと発展していった。
このことを創価学会では、宗門事件といい、創価学会の見解によると日蓮正宗大石寺派の策謀とされている。
しかし現実には、元々あった創価学会執行部と宗門との間の亀裂が顕在化したにすぎない問題であり、 日蓮正宗大石寺派から独立したい創価学会執行部と、創価学会執行部を日蓮正宗大石寺派からから追い出したい宗門の醜い利権闘争が本質であり、池田大作自信が創価学会の会長を辞任すると言う奇策によって、宗門事件で大石寺派の僧侶に花を持たせ、創価学会を日蓮正宗大石寺派から分離独立させるという実を取ったのが池田大作であった。

中国共産党とのつながり

創価学会は会員数も増え、次第に権力中枢へと手を伸ばす中で、公明党議員が偶然にも中国に立ち寄ったことで、次第に中国との太いパイプが形成され、池田大作と中国共産党の当時のトップであった鄧小平との階段が実現した。
中国としても、 当時のソ連は脅威であり、日本の様々なインフラや技術投資を呼び込みたいという思惑があり、そこに池田大作という政治にも影響力がある権力者がいたため、中国の発展のために池田大作は中国共産党の影響下に取り入れられてしまった。
その結果、公明党を使い日本は中国に対して巨額のODAを行い中国を発展させてきたという歴史がある。



    

ページのトップへ戻る
創価学会とは何か?
オカルトマニアクス 宗教カテゴリ
オカルトマニアクス 人物カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ