魔術と魔法の違いについて

魔術や魔法と共にファンタジーの代名詞と言える存在だ。
子供たちの永遠の憧れでもある。
だが、その2つの違いを説明できる人は少ない。
この2つの違いが説明できるだろうか。
そもそも、違うということを知らない人もいるだろう。
それも致し方ないことだ。
何故ならこれらは両方とも、英訳するとmagic。
マンガや小説などでも、魔術師が魔法を使っているなど、混同されがちだ。
しかし、魔術と魔法は明確に別物だと言える。
よく聞くこの2つの名前は、混同されがちではあるが、同じものではない。
簡単に解説していこうと思う。

魔法とは?

魔法というのは科学的に証明することができない不思議な現象のことだ。

まず、魔法は、「理屈の分からない不思議なもの」だ。


つまり、人間はどんなに頑張ってもカボチャを馬車に変えることはできないということなのだ。
原理も何もなく、ただ不思議なことを起こす。
誰もが不可能だと思っているが、もしかすると、実際におこなった人物がいるのかもしれないし、もしくはこれからおこなうことができる人物が現れるのかもしれない。
それが魔法である。
ほとんど才能頼りである。
かの有名な「ハリー・ポッター」に出てくるのはこちらだ。

魔術とは?

一方で魔術は、「きちんとした理論を元に、超常的な現象を起こすもの」。
イメージ的には、魔術というと黒くてダークな雰囲気を身にまとっている感じがするし、魔法というと白くてファンタジーな世界を感じる人もいるだろう。
だが、実際の違いというのは、ちょっと違う。
魔術というのは科学的に説明することが可能なことだ。
たとえ、実際には不可能でも、説明だけはできるのだ。
不老不死の妙薬を求める人間が多いのも、この不可思議な薬が可能だと考えているからかもしれない。
魔法程には才能頼りではなく、その代わりしっかり学ぶ必要があるだろう。
魔術というものは勉強嫌いには辛いかもしれない。



結論

とまあ、この通り、明確に違う魔術と魔法だが、昔は一緒だったとも言われている。
というのも、「魔法」とは「法則性」であり、「魔術」とは「その法則性を扱う術」であるからだ。


2つが同じだという考え方は、「ロード・オブ・ザ・リング」から分かる。
あの作品に登場するガンダルフというキャラクターは、魔法使いだが、今日ゲームで見るような魔法を使う場面はない。
作品が描かれた当時は「魔術師が魔法を使う」ことは間違いではなく、さらにその魔法とは決して分かりやすい攻撃手段ではなかったのが理由である。


しかしその後、ゲームなどの関係で、魔法を分かりやすい攻撃手段として表現するようになったことで、現在の形となったのだ。

そんな訳で、魔術と魔法の違いについては「もともとは一緒だったが今は違う」、あるいは「今は違うが昔は同じものだった」と理解するのが正しい。
これを読んだ皆さんが、この解釈を理解したことで、今後様々な作品を楽しむ助けになれば幸いである。





    

ページのトップへ戻る
運命が変わる魔法の言葉について
魔術と人々が生きた歴史を忘れてはいけない
西洋魔術と牧歌的な人々の営みについて
オカルトマニアクス 魔術カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ