新海誠監督の映画「天気の子」がコロナウイルスを予言した

天気の子 トレイラーのイメージ
天気の子は2019年に発表された新海誠の映画であるが、天気の子では、現代の東京が舞台になっている。
作中では、 東京一極集中の問題や、格差問題、貧困問題など現代のリアルな東京の姿を社会という側面から描いている。


そして、八丈島から家出したと思われる少年が主人公であり、ヒロインの少女と出会うお話だが、結構ダークな側面が存在する。
少年はいわゆる家出少年であり、少女はシングルマザーだった母親に先立たれた貧困者である。
少女はお金のために、未成年がやってはいけない仕事をし、少年は月給3000円で怪しい仕事をしている。
これが現代の日本のありのままの姿であり、そんな貧困問題があるかと思えば、 タワーマンションで生活しているような豊かな人々も描写されている。
これも「生きづらさ」を描いた新海誠監督のなせる業である。
そして、天気の子の設定で一番の テーマとなるのは、東京に雨が降り続いているという問題である。


これは、2020年から始まるコロナウイルスを予言しているとされている。
映画「天気の子」は、2019年に発表された映画だが、コロナウイルスは2020年に問題が顕在化し、今もなお、コロナウイルスによって世界はもとより、日本はとても苦しめられている。


コロナウイルスによって一番苦しめられているのは、東京に住む貧困層の方々である。
貧困層の方は、主に飲食店のアルバイトで生計を立てているが、コロナウイルスによって飲食店の営業が難しくなったため、特に飲食店のアルバイトを生業としている貧困層の方々が今もなお、進行形で苦しんでいる。

予言は進行形である

映画「天気の子」で、東京を現在進行形で東京を襲っている長雨は、3年間経っても降り続いている。
コロナウイルスも2020年で収束するわけではなく、 2021年も現在進行形で人々を苦しめているということを考えると、コロナウイルス終息は3年では終わりそうにない
つまり、新海誠の予言が正しければ、コロナウイルスの終息は2023年以降である。
そして、長引くコロナウイルスの影響は、東京の1/3が経済的な問題によって壊滅すると言う結末をもたらすだろう。
映画では、 東京の1/3が、雨によって浸食されてしまっているからである。


コロナウイルスが終息した時には、人間の傲慢さや東京一極集中の矛盾などが、改めてあぶり出されるであろう。
そして人々の、生活面での安全保障や経済などをとにかく、東京に集中させてはならないという大きなシフトチェンジが起きることになると思われる。



都市型の貧困から抜け出すには

もしも、東京と言う日本の中心で貧困に苦しんでいるのであれば、東京で成功するよりも、地方に移住し、地方で豊かに暮らす方がかえっていいかもしれない。
しかも、現在では コロナウイルスの蔓延で一番苦しんでいるのは、都市に住む貧困層であるからである。
天気の子の不幸の原因は、器用に生きれない事が一つある。
これからは、 成功を夢見て田舎から東京に人が集まるのではなく、 東京から田舎に引っ越すことで器用に生きることが得策ではないだろうか?


特にコロナウイルスの蔓延によって、人口の密集が危険であるという問題が、改めて浮き彫りになったため、田舎に移り住み、田舎を整備して、ゆっくりと暮らすというパラダイムシフトも大事であると思われる。
後は、田舎で稼ぐためには、インターネットを利用した在宅ワークを行うことも一つの選択肢だ。
田舎は家賃が安く、家も広い。
そして物価も東京よりは安いところがほとんどである。
田舎と言っても山奥で暮らせと言っているわけではなく、住みやすい田舎を見つけろと言っているのだ。
意外と住みやすい田舎は住みやすいのである。
なので、東京の代替として住める田舎を探すのもこれから重要になってくるだろう。







    

ページのトップへ戻る
ファティマ第三の予言がヤバすぎる!コロナウィルスと第三次世界大戦を予言
聖徳太子が行った恐ろしい予言
件という妖怪は震災や武漢コロナを予言したのか?
【終末預言者】実在した人たち
オカルトマニアクス 都市伝説カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ