そもそも、幸福の科学ってどんな宗教なのか?

どこか「憎めない」幸福の科学という宗教

幸福の科学は創価学会や真如苑、立正佼成会などと言った新興宗教の類であり、やはりどこかしら胡散臭さは否めない。
否めないのではあるが、どこか「憎めない」という感想も同時に感じてしまう。

その原因がどこにあるのか。
オウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件以来、我々の中には「カルト宗教に対する恐れ」のようなものが根強く残っている。
幸福の科学もある意味この「カルト」に当てはまる可能性もあるのだが、それでもやはり「憎めない」と思ってしまう。
ひとつは教祖大川隆法のキャラクターに寄るのではないだろうか。

大川隆法は、故人生存者を問わず、その人物に成り代わり、その人物の「言葉」を「霊言」と称して発する。
無論、インチキの類なのであろうが、これが面白いのである。
もはや「イタコ芸人」と言って良いくらい、面白いのである。話の中身はどうであれ、その憑依?する姿は一度見てみる事をお勧めしたくなるぐらいである。

もうひとつの理由は、「幸福実現党」という幸福の科学が母体となっている政治団体の主張である。

当然「宗教が母体」ということで、あまり得票を集める事もないし、選挙で当選する候補者も私が知る限りでは居ない。
当然私も入れたことはない。

だが、言っている政治主張は至極まともなのである。
他の政治団体の主張と比べても見劣りしない。どころか、ある意味においては凌駕する部分もある。

教祖大川隆法のキャラクター、幸福実現党の実にまともな政治主張。
この二つをもって、幸福の科学はどこか「憎めない」宗教として今後も残り続けていくような気がする。

幸福の科学も一つの宗教

幸福の科学って誰でも聞いたことがある宗教団体の名前だが、実のところなにをしているのかはよく知らなかったりする。
実家の近くにある白い大きい建物、装飾もあったりしてなんの建物だろうって思ってたら幸福の科学の文字を見たのがこの宗教団体を初めて認知した一番古い記憶で。
調べてみると日本発祥の宗教団体で世界120カ国以上に会員組織があるらしいことに驚いた。
理系の私からするとハッピーサイエンスってなに、という感じなのが素直な感想で同じように思ったりする人も多からずいるだろうけど、代表の大川氏の霊言はデタラメだと大声にしていう人をみるとちょっと違うんじゃない?って思う。
そんなのキリスト様だって本当に復活したわけないし、仏教にもたくさん同じこと言えるのに、仏教徒にもキリスト教とにも同じこと言う人滅多にいない。
だから、無宗教でも現実主義でもなんでもいいけど宗教の自由がある日本にいるんだから人の宗教に外野からとやかく言うのやめようよ、って私は常々思ってる。

幸福の科学と有名人について

幸福の科学を知ったきっかけとして挙げられるのが清水富美加の幸福の科学への出家であろう。
当時人気女優だった清水が突然芸能界を引退する、となった際は多くのメディアが取り上げていた。
特集を組むメディアもあり、芸能界の影響の大きさを思い知ったものだ。
実は幸福の科学には関係する芸能人が多くいる。 清水のほかに有名なのは新木優子であろう。
清水と同じく両親が信者と言う2世信者である新木。
本人は清水と違って芸能活動を続ける意向を明らかにしているが、これも大きな波紋を広げた。
少し昔の話だとやはり景山民夫と小川知子であろう。
幸福の科学を一躍有名にした講談社フライデー事件(フライデーが幸福の科学の大川隆法総裁の記事を書いたことがきっかけで幸福の科学信者が抗議を起こした事件)において「講談社フライデー被害者の会」を結成したことでも知られている。
また家族が幸福の科学信者であることが判明しているのは①つるの剛士(俳優・歌手)②竹内まりや(歌手)③大友啓史(映画監督)
つるのは母親と妻が信者であり、竹内は妹が幸福の科学の政治部門である幸福実現党から衆院選に立候補したことがある。
そして大友はなんと甥が大川隆法総裁の娘と結婚をしている。
以上のことからわかるように幸福の科学はそれなりに芸能界に食い込んでいるのだ。



    

ページのトップへ戻る
幸福の科学はコロナウィルスに対してどう対応したのか?
オカルトマニアクス 宗教カテゴリ
オカルトマニアクス TOPページ